経済・政治・国際

2018年4月19日 (木)

報道・メデイアによるパワハラに、恐怖を感じるのは私だけか?

昨日
福田事務次官は、会見し辞任した。
福田次官は、セクハラは否定したが、「財務省には、これ以上迷惑はかけられない・・・」という道義的理由だった。
☆……☆……☆……☆
セクハラかどうか?は、法廷で!
私は、納得できる会見だと感じた。
あとは冤罪を呼ばないように、、トコトン法廷で争えば良いだけである。
それが、法治国家である。
☆……☆……☆……☆
安倍=トランプ会談を凌ぐ報道量
しかし、驚くことに、報道各社の福田批判・麻生批判は続いた。
その取り上げ方は、一方的な決め付け(セクハラ断定→任命責任→総理責任?)で、私は報道メデイアのパワハラに対して恐ろしい気がした。
しかも、訪米中の安倍総理とトランプ大統領との会談をも凌ぐ徹底ぶりだった。
☆……☆……☆……☆
野党・マスコミの、「政治混乱」目的は、成功した
本当なら、福田次官は止める必要などない。
だが、「政治混乱」目的の野党=マスコミによる口撃が続いた。
止む無く、与党(二階幹事長)が、福田氏を辞めさせた。
而して、野党・マスコミの「政治混乱」目的は、一定程度成功したようだ。
☆……☆……☆……☆
今朝のニュース
一夜明けて、今朝のニュースでは、「新潮社に、(福田次官の)セクハラネタを提供した」女性記者は、テレビ朝日の社員だったという。
この女性社員は、上司に相談したが、上司にもみ消され、新潮社に「セクハラネタ」を持ち込んだという。
(これは、よくある話である)
☆……☆……☆……☆
◆テレ朝に疑問
これが、「常習的セクハラ」と云うならば、何故、テレ朝は(女性へのセクハラを知りながら)放置したのか?
テレビ朝日は、女性の悲痛(?)を無視した。
女性社員に「精神的苦痛」を強いる正にブラック企業ではないか!
====================
マスコミは、恐ろしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

マスコミ「闇討ち」体質が、(福田事務次官の)冤罪を引き起こす

毎度、馬鹿馬鹿しい話題で、スミマセン
日本のメデイア(特にTBS、テレビ朝日)は、何を考えているのか?
反省すべきはメデイア・マスコミの体質である。
福田財務事務次官の女性記者へのセクハラ疑惑を、連日取り上げている。
新潮社だが、証拠(?)として、音声データ(証拠?)として発表している。
☆……☆……☆……☆……☆……☆
音声データ(?)なる切り貼り
専門家の分析によれば、音声の場所は異なる3箇所から構成されている。
また、相手女性の「音声」は消されていて、福田氏の「音声」のみだ。
切り張りの疑いがある。
というより、完全にデータ改ざんである。
☆……☆……☆……☆……☆……☆
他愛もない助平話だが・・・
聴いてみれば、少々下品だが、単なる「助平話」に過ぎない。
相手が、女性記者だとしても、ここには、「言葉の暴力性」も、「強要」「威圧」は感じられない。
当事者の福田氏は、セクシャル・ハラスメントを完全否定している。
一方の当事者(被害者?)は、不明である。
☆……☆……☆……☆……☆……☆
切り取ったデータ!
政治が大変な時に、「緊張感が足りない!」(麻生大臣)というのは、尤もだ。
だが、しかし、酒の上での行動である。
セクハラは相手の「受け止め方」であるというが、福田氏の「音声」だけを切り取ったデータに過ぎない。
一つ一つの会話には、文脈があるだろうに・・・。
☆……☆……☆……☆……☆……☆
政治的思惑
また、国会では野党議員が嬉々として、福田次官辞任→麻生大臣辞任→安倍総理退陣、という戦術で声を上げている。
完全に政治的な思惑ばかりが先行している。
野党・マスコミの『主張』は、例によって「疑惑・疑惑・・・」でセクハラとする蓋然性がない。
☆……☆……☆……☆……☆……☆
マスコミの「闇討ち」体質!
相手の女性は、新聞記者だというが、なぜ週刊新潮に「情報」を提供したのか?
新聞社は、「財務省が怖い」から、直接、記事にすることなく、「週刊誌」に」にネタを売る事は、昔からよくある。
その様な、マスコミの「闇討ち」体質が、フェイクニュースの温床になり、真実を覆い隠す原因となり、冤罪すら引き起こす。
=================
マスコミの「闇討ち」体質を、批判する!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月13日 (金)

国会は、痴話件喧嘩の場≪続≫

佐川氏の立件見送り
理財局長だった佐川氏の、立件が見送られた。
これは、検察が、「(国会で証言した)佐川氏を、文書偽装の罪には問えない」ということである。
それ以上でも、それ以下でもない。
☆……☆……☆……☆……☆
法的責任はない
少なくとも、モリカケ問題は、違法性は見当らなく、漠然とした「総理や総理夫人への道義的責任を問う」内容となっている。
野党は、決め手を欠いている。
☆……☆……☆……☆……☆
情報源からのリーク先(朝日)
今の野党の司令塔は、朝日新聞など左翼メデイアである。
マスコミは、治外法権だ.
だから、怪文書も含めてどんどん色んな情報がリークされる。
今度は、野党は、「柳瀬総理秘書官の証人喚問」を要求している。
☆……☆……☆……☆……☆
首相案件?
理由は、「首相案件」と柳瀬が愛媛県の職員に、言ったか言わないか?である。
こんな些細な問題で、国会が空転している。
いい加減にせよ!と言いたい。
「総理の疑惑」として左翼マスコミによって、喧伝されたモリカケ問題は、ほとんどネタ切れで、「首相案件」という言葉に飛びついているようだ。
☆……☆……☆……☆……☆
◆柳瀬氏は、「記憶にない」と言っている
これは、柳瀬氏の自己防衛であり、問題はない。
仮に、「首相案件」という言葉が出たとして、何が問題なのか?
凡人の私には理解できない。
国会は、痴話喧嘩の場と化している。
================
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月12日 (木)

国会は、痴話喧嘩の場

政治学と文学
連日の国会を眺めていると、国会とは何か?
そんな疑問が湧く。
政治学という物差しで見るならば、国会=立法府という事になる。
立法府だから、さぞかし、国会論戦は「法律用語が多い」と思いきや、・・・。
現実はそうではない。
昨日も、国会中継を観ていたが、野次と怒号、・・・。
安倍総理に対して野党が「ウソつき」と罵倒していた。
議長席を取り囲み、およそ立法府という厳粛なイメージが無い。
国会は、政治学という物差しでは見られなくなっている。
政治的論評をすることが、憚れる。
むしろ、国会は、文学(小説)という物差しで見ると面白い。
何故なら、今の国会は、痴話喧嘩の場になっているからだ。
文学のテーマは、「人間とは何か?」である。
☆……☆……☆……☆……☆
短編小説『河童』
芥川龍之介の短編小説『河童』には、次のような行(くだり)がある。:
我々の特色は我々自身の意識を超越するのを常としている。
幸福は苦痛を伴い、平和は倦怠を伴うとすれば、―?
自己を弁護することは他人を弁護することよりも困難である。疑うものは弁護士を見よ。
矜誇(※)、愛欲、疑惑―あらゆる罪は三千年来、この三者から発している。同時に又恐らくはあらゆる徳も。
(矜誇※きんこ・・・自慢する事)
☆……☆……☆……☆
総理への疑惑に始まり、総理への疑惑に終わる
枝野議員は、迫った。
県職員のメモを基に、総理か、県職員のどちらかが嘘をついている」と。
「総理案件」という他人のメモだけで、総理の疑惑をだけ追及するのは弁護士でもある枝野としては、頓珍漢なこと。
辻元議員(立憲民主党)は、「官邸は、疑惑の館」と、発信した。
この人、以前にも「疑惑の総合商社」と発した。
余程「疑惑」という言葉が好みのようだねえ。
両者ともに、言えることは、文学という物差しで見ても、その語彙不足は否めない。
総理への疑惑に始まり、総理への疑惑に終わっている。
国会は、完全に痴話喧嘩の場である。
=================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

「安倍内閣打倒」スローガンで、飛躍し中味の無い民進党の質問

◆国会中継
参議院決算委員会のNHK中継を観た。
公務員の文書管理の在り方等が、一つのテーマである。
しかし、議論の中味は、低調だった。
☆……☆……☆……☆……☆
馬鹿馬鹿しい
特に、野党の質問、就中、小西議員(民進党)の質問を聴いていると、何回も同じ質問を繰り返していた。
国会議員とは思えないくらい『馬鹿』だった。
☆……☆……☆……☆……☆
堂々巡りの議論
即ち、国会で成立した、平和安全法制についての議論。
「これは憲法違反」とする」憲法学者の意見を紹介しながら、「憲法に違反したのだから、安倍総理は辞任すべきだ」と迫った。
安倍総理は、「そもそも、憲法違反ではない」「国会で成立したので、国会の意思でもある」とまともな答弁を繰り返した。
堂々巡りの議論である。
☆……☆・・・・・・☆……☆……☆
◆民進党のガバナンスを疑う
しかし、小西議員は、呆れるほど、同じ質問を繰り返し、最後に「安倍内閣打倒まで追及する」と闘争宣言(?)を発していた。
こんな質問をすると、小学生にまで失笑をかいそうで、国会議員の質を落としている。
「安倍内閣打倒」スローガンで、飛躍し中味の無い小西議員(民進党)質問)だった。
現在、民進党の代表は誰だか分からないが、党のガバナンスが全く感じられないものである。
=================
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 8日 (日)

これも韓流か?~朴槿恵前大統領へ24年実刑判決

◆韓国の話題だが・・・
朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対するる判決がソウル地裁で言い渡された。
執行猶予がつかない「実刑24年」という、極めて重い内容だった。
韓国の刑法内容についてはよく知らないが、朴槿恵氏が気の毒だ。
☆……☆……☆……☆……☆
◆政治的報復?
これは我々日本人にとっては、「政治的報復」とも思える程だ。
重い、重すぎると感じる。
これは、日本では凶悪犯に対する判決に匹敵し、とても政治家に対する、判決とは思えぬ程重い!
「国益」を背負う大統領という職責のためなのだろうか?
☆……☆……☆……☆……☆
◆「国益」は確かに重い
これも韓流なのか?「国益」は確かに重い。
だが、それ云うなら、我が国の民主党政権時代の鳩山由紀夫総理大臣が、散々国益を損なう事をしていた。
総理大臣議員、議員を辞めてからも散々近隣諸国を訪問をして、自覚なく国益を損ねる言動を繰り返している。
鳩山由紀夫氏には、日本の司法はお咎めなしである。
☆……☆……☆……☆・・・…☆
◆朝鮮半島の歴史
朝鮮王朝を1392年に開いた初代王の李成桂(イソンゲ)である。
李成桂は、中国大陸の明の許可を得て、国号を朝鮮とした。
以来、王位継承をめぐって権力闘争が続いた。
朝鮮半島の歴史は、①中国との関係(面従腹背)②激しい内部権力闘争、この二つがキーワードである。
これらは、現在の韓流にも受け継がれている様に思える。
===============

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 6日 (金)

TBSは、「全ては、安倍政権の隠蔽体質」という暴論・決め付け

ネタ切れ
メデイアの報道番組を観ていると、妙な事が多い。
特に、『ごごスマ』(TBS)では、今日は、森友・加計問題が、ネタ切れなのか?
話題になっていない。
☆……☆……☆……☆……☆……☆
特捜部からのリーク
朝東京mxテレビでは、江田議員の、「大阪特捜部の部長がメールで、捜査情報をリークした」「頑張れ大阪特捜部」というブログを、問題にした。
ゲストの田勢氏(元日経新聞記者)は、難しい問題だと、言葉を濁していた。
☆……☆……☆……☆……☆……☆
この番組のみ
これが、事実だとすれば、江田議員は「情報源」を漏らしたことになり、メデイアは罪に問われないが、特捜部長は、公務員の守秘義務違反だという事になる。
しかし、この江田議員からの切り口(特捜部からのリーク)は、この番組のみ。
☆……☆……☆……☆……☆……☆
政治の話題
本日の政治の話題と云えば、横田基地への「オスプレイ配備」と、「市民の抗議活動の盛り上がり」という数名の反対デモを誇張して映す、相変わらずの偏向報道だった。
主要な政治話題と云えば、イラク派遣時の陸自日報が1年公表されなかった問題である。
☆……☆……☆……☆……☆……☆
ぶら下がり会見と切り取り放映
これに関して、小野寺防衛大臣・稲田元防衛大臣らのぶら下がり会見と、「野党が反発、審議に影響も」「というトーンであった。
しかし、『ごごスマ』(TBS)では、ゲストの政治評論家伊藤淳夫氏らを中心に、元防衛大臣の稲田朋美氏への批判に語気を強めた。
☆……☆……☆……☆……☆……☆
稲田氏へのバッシング
防衛省と自衛隊内部の「隠ぺい体質問題」の原因は、稲田氏だ、最終的には安倍政権と言わんばかりの難癖である。
特に、驚いたのは、稲田氏の発言内容ではなく、服装や髪型などへの批判が女性アナウンサー等を含めて、「センスがない」という風に長い時間論っていた。
稲田氏は、芸能人ではないのだから、服装や髪型はどうでも良い事。
これは、問題のすり替えであり、悪意に満ちた稲田朋美バッシングである。
☆……☆……☆……☆……☆……☆
国民の知る権利よりも、自衛隊員の安全確保を優先すべき
山路某というコメンテーターが、「自衛隊の活動日報は全てネットで公開すべきだ」などと、感想を述べていた。
自衛隊の生命にかかわる事を、軽々に「ネットで公開」すべきという発言には、驚いた。
☆……☆……☆……☆……☆……☆
◆伊藤淳夫氏の曲解・穿った見方
伊藤淳夫氏が、「戦闘という言葉が日報にあれば、(pKo原則から)政府答弁と、矛盾がでるので、忖度して,防衛省が隠した」と、珍解説していた。
自衛隊の用語の「戦闘」と、法律用語の「戦闘」は異なると、稲田大臣が説明していた通りである。
従って、日報に「戦闘」があっても、隠す理由にはならない。
伊藤氏は、穿った見方をする癖があり、最初から、仮説を断定して評論家で、TBSには、好まれている。
TBSの結論としては、全ての原因は、「安倍政権の隠蔽体質」と集約している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 5日 (木)

過度の「シビリアンコントロール」は危険である~自衛隊日報問題の教訓

政府の文書管理の在り方が問題になっている。
但し、自衛隊の日報問題は、それとは問題の核心が違う。
陸自で、日報(文書)が大臣まで報告されていなかった。
小野寺防衛大臣は、記者会見でこの防衛省内部の失態を明らかにした。
稲田朋美大臣時代の事であり、これは大臣の責任というより、報告義務を怠った」防衛省・自衛隊の内部の失態である。
勿論、最終的責任は、防衛大臣にあることはその通りである。
稲田氏の天敵(?)である辻元氏は、「これはシビリアンコントロール(文民統制)の崩壊だ」と、安倍政権批判を強めた。
確かに、シビリアンコントロールが機能していないとも思える。
しかし、3・11以後、議事録すら残さなかった民主党菅直人政権で「閣僚」を経験した辻元に言われたくはない。
文書書き換えなどは、議事録(メモ)などを残さないことから比べれば、まだ罪が軽いと言える。
この原因は、防衛省の日報問題には、背景に「国家機密の問題」がある。
南スーダンなどで、日報が外部に漏えいされれば、(テロリストにより)現地自衛隊員の生命にかかわる。
そのため、「国民の知る権利」よりはるかに「現地自衛隊員の生命」の方が重要視されなければならない。
何処までが、シビリアンコントロールか?
実は、日報問題は、そのような本質的問題を含んでいたのである。
マスコミが、声高に「国民の知る権利」を叫んでも、、身内の自衛隊員の生命にかかわる事であるから、その日報の取扱いは厳密・厳格でなければならない。
現場の状況が、逐一、本省の大臣にまで上がる間に、外部に漏れる恐れがあるからだ。過度の、「シビリアンコントロール」はかえって危険での存在がある。
現地の細かい作戦などを、東京の防衛省や、政治家の防衛大臣がコントロール出来るわけがなかい。
それをすれば現地は混乱するだけだ。
もっと、政治は現実的議論をすべきであって、憲法による自衛隊の明記がされていないことからする、例えば、軍隊を実力部隊などと呼ぶ馬鹿馬鹿しい議論が出る。
政治的な、法的な「定義」と、現地の刻々変わる「状況」は別次元である。
従って、私は、防衛省の日報問題を、「シビリアンコントロールの欠如」と呑気に短絡することには、異議がある。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 4日 (水)

メデイアの特権意識、取材対象者への恫喝

最近、メデイアの傍若無人ぶりは酷い・・・。
何様のつもりでいるんだろうねえ。
特権意識、取材対象者への恫喝が目立つ。
============
(その1・労働局長発言)
厚労省の労働局長が、「なんなら(メデイアの)実態も調査していいんですよ」と発言した。
正直、この言葉の何が悪いか?
私には分からない。
労働局長は、軽い気持ちで答えたのだろうし、メデイア報道機関の「労働実態」を調査することだってあり得ると思うんだが・・・。
しかし、メデイアは、これを「メデイアに対する恫喝だ!」と批判している。
野党もメデイアに媚び諂うように政府を批判している。
メデイア報道機関の「労働実態の調査」は、「治外法権」「「アンタッチャブル」だとでもいうのか?
私には、メデイアの特権意識が許せない。
☆……☆……☆……☆……☆……☆
(その2・陸自日報が発言)
陸自のイラク日報が発見された。
これは、以前、稲田防衛大臣が、「調査したが見つからなかった」と国会答弁していた。
これに対して、野党・メデイアは、「稲田氏の虚偽答弁」と決め付けているが、これは間違いだ。
稲田防衛大臣は、防衛省内の調査の結果、「見つからなかった」と答弁しているだけで、この時点では、虚偽ではなく、その通りである。
稲田氏は、ぶら下がり会見でもその通り正直に答えている。
しかし、メデイアは「(稲田氏は)責任をどう感じるか?」などと追及する映像を繰り返し放映している。
このような、「責任をどう感じるか?」は、取材対象者(稲田氏)への恫喝に等しい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 2日 (月)

佐川証言納得できない7割、昭恵夫人喚問要求6割、~これは世論という名の暴論でしかない

◆世論調査
共同通信の世論調査が、テレビで報道されていた。
それによると、次の通りだ。
1)佐川証言に「納得できない人」が7割以上いる。
2)安倍昭恵夫人を証人喚問すべしと思う人」が6割以上いる。
☆……☆……☆……☆……☆
◆メデイアが創り出した世論
この結果は、予想した事だ。
しかも、この世論調査は、佐川証言直後の、一部野党・メデイアの流布したコメントと全く同じ。
曰く、佐川氏の証言拒否納得できない。
曰く、さらに安倍昭恵夫人の証人喚問を求める、
云々・・・。
☆……☆……☆……☆……☆
◆国会軽視!と叫ぶ人がバカ騒ぎ
野党のダメさ加減は触れない。
証人喚問の前、籠池氏と面会して、「隠し玉がある」などと言っていたが、パフォーマンスだけだった。
すなわち、メデイアによる世論誘導により、メデイアの期待する通りの世論調査結果になっている。
☆……☆……☆……☆……☆
◆(誘導によって)世論が間違う事もある!
野党・メデイアは、この「世論調査」を基に、「国会追及」を叫んでいる。
しかし、法治国家において、世論調査の結果が絶対ではない。
また、正しくもない。
☆……☆……☆……☆……☆
◆これは、世論という名の暴論だ!
佐川証言の多くは、「刑事訴追の恐れによる証言拒否」でそれは、証人の正当な権利である筈だ。
納得できないからと言って、証言を「野党が期待するように」強要することは出来ない。
また、この期に及んでも「総理夫人を証人喚問」というのは、人民裁判を想起させるようだ。
これは、世論という名の暴論だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧