経済・政治・国際

2017年11月17日 (金)

「モリカケ疑惑」と騒ぐTBS・テレ朝&野党

国会の文科委員会での質疑では、野党が相変わらず「モリカケ追及」で騒いでいる。
しかし、林大臣の答弁で十分である。
だが、野党はそれでも騒ぐ。
「総理の疑惑」と強弁しても、証拠もないのだから、質疑は噛み合わないし、それ故議論は成立しない。
不毛な議論であるし、国民は冷静だ。
一部メデイアは、安倍総理や加計理事長が欠席だからと言って「喚問」を要求したり、いたずらに時間引き延ばしを図ろうとする。
しかし、「安倍総理が関与した」という事実は一つもない。
「印象操作」という奴は、意外と世論調査の際には効果を発揮していて、「モリカケ疑惑に(安倍総理の)説明が不十分」となる。
火の無い処に煙は立たず・・・と言って、印象操作が効果を発揮する。
このような証拠も無く「風評」だけで、世論が動く事は絶対に在ってはならないと思う。
だが、残念ながらメデイアの偏向報道(報道しない自由)によって、真実は隠されてしまう。
今や一部野党などは、TBS・テレ朝の下請けのようにさえ思える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月12日 (日)

自信過剰な山尾志桜里議員が気持ち悪い!

普通、政治家に対する評価は、賛成・反対・無関心の3つに分類される。
だが、あの山尾志桜里議員については、どれにも当て嵌まらない。
私の、山尾評価は、敢えて言うならば、「気持ち悪い!」というカテゴリーで分類される。
「気持ち悪い」という、第4の分類である。
賛成・反対と言うのは、政治家として認めたうえて、私の尺度からする評価である。
無関心と言うのは、政治家として毒にも薬にもならない人、例えば自分の名誉心とか生計だけのために政治家を志す人である。
いずれも、政治家であることは間違いない。
しかし、山尾志桜里議員については、兎に角、言動が気持ち悪い。
あの選挙後における「自信過剰」な言動が、「気持ち悪い」だけである。
テリー伊藤氏が、「凄いメンタリテイーの強さ」を感じると褒めていたが、私には「気持ち悪い」だけである。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

それが韓国人メンタリティと雖も、無視できない政府レベルでの反日パフォーマンス

トランプ大統領は、日本での二泊三日のオ・モ・テ・ナ・シに、上機嫌だったようだ。
昨日は、次の訪問先・韓国に到着したが、早速、(日本では起こらなかった・・・)反トランプのデモがニュースで紹介されていた。
某コメンテーターが言っていたが韓国人のメンタリティと雖も、あのような半狂乱のデモンストレーションは何とかならないものか?
もっと、冷静に「自己主張」すべきなのに、あれでは単なる騒乱に過ぎないではないか?
不倫疑惑の身で当選して、相手の弁護士を「私設顧問」にする、と笑顔で発表した山尾しおり議員(立憲民主会派)と同じくらい・・・私には気持ちが悪い。
何処の国にも、気持ちの悪い人間はいるものだ、と無視するしかないか・・・。
しかし、それが政府レベルの事となると、そうはいかない。
第一に、韓国政府は、晩餐会の料理に、これ見よがしに「独島エビ」(日本国・竹島周辺で獲ったもの)を出した。
竹島は、日本の国有の領土であり、それを韓国が「独島」として武力で実効支配を続けている島であるが、韓国の主張(言い分)は、「日本による韓国侵略の象徴」として、「問答無用」というもので話し合う気は更々ない。
第二に、パーティに「元慰安婦」を読んだこと。この「慰安婦問題」は、既に日韓の政府レベルで後戻りのない「解決」をした筈である。
韓国政府が卑劣なのは、「国民感情が納得しない」として、「慰安婦=性奴隷」というデマを世界中に発信している事である。
これらは、韓国政府の判断であり、民間人団体の「行動」ではなく、無視するわけにはいかない。
このような韓国政府の反日パフォーマンスを放置すると、それが当たり前になる。
日本政府は、抗議するだけでなく、もっと強い対抗処置が必要ではないか。
 
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 2日 (木)

すべての国会議員は驕らず、謙虚に丁寧に、身を正すべきだ(無理だけど)

選挙が終わり、国会が始まると、早速、国会運営の駆け引きが始まった。

先ず、国会での質問時間を、現状では与党2:野党8だが、これを政府与党側が議席数に応じて「按分しよう」という提案である。

これに対して、野党は「これは、自民党が野党時代に決めたもの」と猛反発している。

その理由は、自民党は「部会」で十分審議され法案として出される。

だから、自民党は賛成の立場から質問するしかない。野党にこそ、

時間を与え議論を深めるべきだ・・・。

一見して、尤もな「反対理由」である。

しかし、国民の目から見れば、自民党の「部会」の質疑はマスコミが殆ど伝えないから、よく分からない。

法案審議が、テレビカメラの前で野党の反対弁論(パフォーマンス)に晒され、それにマスコミが加勢して、反対世論が形成される。

国会ニュースで取り上げるのは、概ね(質問時間の長い)反対意見の方である。これは、正しい報道のあり方とは違う。

私の考えでは、少なくとも与党5:野党5にすべきだ。

国民は、冷静に賛成・反対双方の意見を聴いてこそ、判断が出来る。

加計問題の証人喚問での時、参議院議員の青山繁晴氏の質疑が、短かったけれど、最も核心を突いていてよかった。(この時は、与党3:野党7だった)

安保法制が、「戦争法案だ!」と主張する人の議論(野次)ばかりでは、国会審議の意味はない。

野党もマスコミも、挙って「(安倍総理に対して)驕らず、謙虚に、丁寧に、説明責任を果たすべきだ」と、注文を付けている。

それを、いうなら野党もマスコミも同じである。(まず、隗より始めよ!)

全ての国会議員は驕らず、謙虚に丁寧に、身を正すべきだ。

(無理だと思うけどネエ・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

「こんな連中」が何故当選した?

衆議院選挙結果が出た。

自民党が大勝した事は良い。

だが、『日本の心(中野代表)』の議席がゼロだった事は、喜べない現実だ。

各党党首討論会などで、安倍総理の口から言いにくい事(野党批判)を、中野代表がズバズバ言ってくれた事は、存在意義があった筈だ。

今度の選挙で、立憲民主党(枝野代表)が躍進した。

立憲民主党は、昔の日本社会党への先祖帰り政党である。

「こんな連中」が何故当選した?という疑問がいっぱい。

個人的には、社民連(田代表)の流れを汲む左翼市民運動家の菅直人(元首相)と、不倫疑惑でも説明責任を果たさなかった元検察官で、民進党幹事長に名前の挙がった山尾志桜里、そして疑惑の総合商社・辻元清美が当選した事。

「こんな連中」が何故当選したか?一夜明けても気が晴れない・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月21日 (土)

明日は明日の風がふく

台風が関東にも近づいているので強風が心配です。

ところで選挙ですが・・・。

私は、安倍自民党政権に引き続き頑張って頂きたいと思います。

民主党政権の暗黒時代はもう御免です。

小池百合子さんの希望の党は、「改革保守」を標榜していますが、どうでしょうか?

本来、保守は、守るべきものは守り、変えるべきは変えるという「改革派」なのです。

小池さんへのフォローの風は無いようです。

政治は、そのような風頼り、言葉遊びではないのです。

実績からすれば、安倍総理こそが、「改革保守」で、柔軟なリアリストだと思います。

小池さんは安倍総理を批判していますが、今風が吹いている枝野氏らの立憲民主党をもっと批判すべきです。

それにしても、明日結果が出るでしょう。

明日は明日の風が又ふくのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月20日 (金)

メデイアによる「風評」報道こそ、チェックすべき!

具体例を出そう。

少し前の、『モーニング・バード』(テレビ朝日)という番組での事。

レギュラーの玉川氏が「何でも総研」というコーナーで、衆議院議員選挙の一つの争点である「憲法9条」について各党の政策を「解説」していた。

特に、9条3項に「自衛隊の明記すること」について、「自民党内でまとまっていない」などと、「反安倍」感情を滲ませて批判的に論評していた。

それは、玉川氏のバック・ボーン・・・即ち、「改憲に反対」というテレビ朝日・玉川氏の主張であるならば、奇異な事ではない。

その位の偏向報道は、今では当たり前になっていて「許容範囲」かも知れない。

しかし、レギュラー・コメンテーターの女優・高木某さんが、友人の子育て中のママの言葉として次の様に、発言していた事は「許容範囲」を逸脱している。

「若し、憲法に<自衛隊>を書き加えるならば、徴兵制度により、こどもが戦争に行かねばならない」

この種の誤った「風評」こそが、メデイアの社会的弊害である。

安倍総理が、何度も国会で答弁してる通り「徴兵制復活」はない。「戦争」も望んではいない。

(にもかかわらず)高木某さんは、「徴兵制復活」「戦争に行く」というフレーズを、友人の(素朴な)言葉(疑問)として、テレビで発信している。

高木某さんは、利口な女性だからよく分かっている筈。だから、友人の言葉として、逃げを用意した。卑劣である。

このような、根も葉もない「風評」こそ、メデイアはチェックすべきである。

本来なら、玉川氏が、「今の発言は、事実と違います。お詫びして訂正します」と、すれば済む。だが、黙認にして次に進んだ。

言論の自由と、「偏向」報道の自由は全く異なる。

自分の主張は、「友人が」とか誤魔化さず、自分の言葉として発信して欲しいものである。

そうでなければ、ますますメデイアによる風評被害が生まれる。

====================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

安倍総理とトランプ大統領は、拉致被害者救出に本気だ!

トランプ大統領に対する日本メデイアの評価は、偏見に満ちている。

まず、北朝鮮金正恩とトランプとの関係を、チキンゲームと表現している。

しかし、北朝鮮と米国の関係は、「対等な関係」ではなく、チキンゲームといっても、お互いに向かっているのは、バイク(北朝鮮)と大型ダンプカー(米国)である。

それくらい軍事力に差がある。

正面衝突した場合、バイクには一瞬で甚大な被害が発生するが、大型ダンプカーは少々へこむ程度である。

北朝鮮と米国の軍事力の差は、歴然としているのである。

北朝鮮の挑発に対して、トランプ大統領の「(軍事行動も含めて)あらゆる選択肢はテーブルの上にある」という圧力は正しい。

その通りだ。

また、トランプ大統領は国連演説で、横田めぐみさんの例を挙げ、「日本人拉致」にも言及した。

これは、安倍総理のトランプ大統領への働きかけの結果であり、我々日本人にとって極めて有り難いし、心強い。

トランプ大統領が、訪日の際には、横田めぐみさんのご両親や、拉致被害者家族との面談も、(安倍総理の働きかけで)実現しそうだ。

今は北朝鮮に対して、「話し合い」ではなく「圧力」の時である!

日米同盟は、史上最強となっている現在、安倍総理とトランプ大統領は、拉致被害者救出の為に本気である。

安倍外交を、断固として支持する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 9日 (月)

「希望の党は自民党の補完勢力」を言うなら、立憲民主党と社民党は『共産党の補完勢力』ですネエ!

解散の大義が無いだとか、森友・加計隠し解散だとか、野党は騒いでいる。

批判は自由だが、どれも的外れな「レッテル貼り」の安倍自民党批判である。

もう少し的確な批判をしてほしいものである。

即ち、安倍政権5年間の是非を問う選挙である。

安倍政権は概ね合格点だと思うので、引き続き政権を担当して欲しい。。

野党が批判をする場合、政策別に「是々非々」にすべきで、出来るなら「対案」を示しながら行うべきである。

例えば、憲法改正も、「安倍政権では議論しない」(民進党~立憲民主党)というのは、議論を逃げているに過ぎない。

今回の選挙は、民進党が分裂する事で有権者の選択がしやすくなったようだ。

共産党は、「希望の党は、自民党との違いが無い」「自民党の補完勢力」と批判をしている。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎いのだろうか?

希望の党は自民党の補完勢力?

逆に言うなら、「社民党と立憲民主党は、共産党の補完勢力」といえる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

政治家・候補者のトレサビリテイーを明確に!

昨今、民進左派の枝野がつくった立憲民主党が、脚光を浴びているようだ。

今朝のテレビ朝日では、「自民党への対立軸」「受け皿」などと、好意的な印象操作で語られていた。

高木美保さん(女優?)などは、「立憲」という名前に感激していた。

行き場が無くなっていた観念的反日平和主義者(左翼)には、「立憲民主党」は救いの神かもしれないようだ。

立憲民主党と共産党の政策の違いは何か?の質問に、玉川氏は「共産党は最終的に共産主義を目指す」と、珍解説をしていた。

それは、逆に言えば、社民党や自由党(小沢氏の党)も含めて現実の政策(安保法制反対・憲法改正反対・消費税値上げ反対・・・)では、全く同じであり、違いはない。

国家観を突き詰めていけば、共産党との違いが出てくるが、普通はそこまでの議論はせず、選挙で共闘する。

ようするに、立憲民主党・共産党・社民党は、反日左翼という点で一致している。

選挙互助会だった民進党を分裂させた事は、小池百合子と前原誠司の功績と言える。

共通の敵は、安倍自民党という事である。

ただし、旧民進党議員が「立憲民主党」「無所属」「希望」のどれを選択するかは、選挙区事情等によるもので、必ずしも理念・政策が基準ではない。

それ故、有権者としては分かり難い面がある。

其々の立場で選ぶことが肝要であるが、出来るならば、候補者の過去のトレサビリテイー(食品などの製造過程)が必要になってくる。

=====================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧