経済・政治・国際

2017年8月19日 (土)

米国の人種差別は、歴史の中にある

アメリカの南北戦争は、北軍の勝利に終り、南軍のリー将軍は敗北した。

それは、ドラマでは無く、歴史の事実である。

リンカーン大統領(共和党)が、ゲチスバーグで「奴隷解放宣言」を行った事は、日本人の中高校生でも知っている。

人種差別は、「奴隷解放宣言」では終わらず、キング牧師らの「公民権運動」へと発展した。

南アフリカでは、マンデラ氏がアパルトヘイトを打ち破り、黒人初の大統領に就任した。

映画『インビクタス』は、感動的だった。

このように、21世紀になって、人種差別撤廃の動きは、世界の潮流になった。

しかし、それは飽くまでも「政治制度」上の事である。

(道徳的には理解していても)心の奥底までの人種差別撤廃には至っていない。

「政治制度」上の建て前であり、心の奥底まで差別が撤廃されるには、時間がかかる。

それは、心の問題であり、特定の人種への憎しみという「嫌な記憶」が消えるには、偏見を取り除く教育が必要となる。

「政治制度」は簡単に出来るが、「心の問題」を解決する事は、難しい問題である。

最近、トランプ大統領が、「白人至上主義者」を、その反対派と同等に扱ったとし非難されている。

今朝の『ウエークアップ』(日テレ)では、タブーに触れる「慎重な言い回し」で、トランプ大統領を異口同音に非難していた。

しかし、トランプ大統領は、白人至上主義者もその反対派も、「暴力」で相手を攻撃してはいけないと言っているのであって、「同等」ではなく双方に「非暴力」を呼びかけているのではないか?

何故、トランプ大統領が非難されるのか?私には理解できない。

又、ワシントン大統領も、奴隷を「所有」していたと、彼は言っているが、その通りである。

今は、人種差別撤廃の世の中であっても、過去の歴史は書き換えることはできないのであり、歴史を学ぶとは、ありのままの歴史を学ぶことである。

南軍のリー将軍の銅像を、撤去することは、決して歴史から学ぶことではない。

その銅像には、南部地主の支持を得て、北軍と戦ったリー将軍への敬愛があることも歴史の一部である。

今現在の「価値観」を以って、過去の歴史の「事象」を断罪する事は、正しい歴史の学びではない。

法律制度も、(戦後の東京裁判や、韓国の反日政策の様に・・・)現在の「価値観」を過去に遡って適用するような「遡及効果」を認めていない。

米国の人種差別は、歴史の中にある。

それを、今「掘り起こして」書き換えることは間違っている。

トランプ大統領へのステレオタイプのマスコミ批判を聴きながら、私は違和感を覚えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

「日米、対北圧力を強化」こそが、北の暴走を防止する

トランプ大統領と安倍総理との信頼関係をベースに、日米同盟は完全に機能している。

その結果、北朝鮮の金正恩は新たな軍事挑発を躊躇している。

トランプ大統領は、「(踏み止まった)金正恩を、賢明な判断をしたとほめた。

まだ予断は許さないが、日米同盟は完全に機能している。

半月ほど前、日本のマスコミは、北朝鮮・金正恩の軍事挑発・エスカレートに対しては、唯々・・・眉をひそめるだけであった。

そして、次の様にコメントしていた。

①戦争は絶対いや。話し合いで解決すべきだ。

②北朝鮮を刺激してはならない。

「話し合い」はもちろん大事だが、「話し合い」が目的ではない。

時間稼ぎの場合もあり、事態は深刻になる。

「行動対行動」の原則があってこそ、戦争は回避される。

即ち、圧倒的軍事的優位な中で、「戦争をも辞せぬ」という強い意思こそが、戦争を回避する。

「北朝鮮を刺激」するのが目的ではなく、「あらゆるオプションがある」ことを、常に発信すべきことであった。

「日米、対北圧力を強化」こそが、北の暴走を防止する。

このまま、戦争が回避されれば、日米同盟の勝利である。

トランプ大統領と安倍総理を称賛すべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

瓜田に靴を入れず、李下に冠を整さず

これは、最近の安倍総理の言葉である。

人から疑いをかけられるような行動は慎むべし、という意味である。

即ち、意味は・・・瓜のなっている畑では、靴をはきなおしてはいけない。李のなっている木の下では、冠をかぶりなおしてはいけない。盗人と間違えられるからという戒めの諺である。

安倍総理が、みずからを戒めるように、この諺を述べた。

しかし、正確に言えば、安倍総理を批判する某ジャーナリストが、最初に使用したものである。

某ジャーナリストは、親友・加計氏との関係を疑われた安倍総理を、「(証拠は無いが)疑われる事が悪い」の引き合いに出されたのがこの諺であった。

すなわち、「証拠も無く」「違法性も無く」とも、相手を口撃する手段として、この諺が使用されたのである。

ここに某ジャーナリストの詭弁性がある。

「証拠が無く」「違法性が無く」とも、疑いだけで安倍政権を攻撃してきたのが、森友問題・加計問題のマスコミ・ジャーナリストであった。

このような諺を、(気持ちはわかるが・・・)安倍総理は、安易に使用するべきではない。

この諺は、『文選・古楽府(君子行)』の一句であるが、今は、民主主義の時代であり、ここは、日本の国である。

法治主義が貫かれるべきである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

『ひるおび』(TBS)の八代弁護士は、唯一人常識人だネエ・・・

テレビ朝日、TBSの報道番組は、どれも反安倍で偏向しすぎている。

最近では、NHKとフジテレビも、偏向組に加わっている。

そんな中、『ひるおび』(TBS)を観ていると、八代弁護士が、加計問題で、唯一常識的な事を言っていた。

曰く、私は、法律家として・・・安倍総理と加計学園の「疑惑」について、それを証明する何の証拠もない。

「総理の説明責任」というが、「疑惑」について挙証責任は、野党の方にある。

まったく、その通りである。

特別な事ではない。

常識的な事を(番組の意に反して)八代弁護士を控えめに述べただけである。

しかし、(番組の意を受けた)毎日新聞の某女性が、「内閣支持率」「総理の資質」等に話をそらしてしまった。

常識的な発言が、一つだけでもあるのは良い方だ。

番組によっては、関口宏の日曜番組の様に「反安倍」コメンテーターを集めて、大合唱するようなプロパガンダに徹する番組もある。

八代弁護士の常識的な発言が、偏向番組の真ん中で、異彩を放っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

米国が東アジアから撤退した時、日本の生きる道は?(続)

日米の同盟、すなわち同盟とは何か?

東アジア情勢に於いて、「日米が対等に助け合う」という事である。

その場合の、「対等に」という事はどういうことか?

例えば、朝鮮半島有事に於いて、「日本人拉致被害者の救出」という我が国にとっての最重要・最優先課題がある。

それは、日本国政府としての課題である。

しかし、その時に、「日本は憲法上の制約(専守防衛)があるので、米軍が日本人被害者を救出をやってくれ」と言った場合、米国はどのような反応を示すか?

仮に、「わかった努力しよう!」と言ったとしても、「自国民の救出ぐらい自分でやってくれ。米軍にそんな余裕はない」というのが本音だろう。

日本は、湾岸戦争の時(海部内閣)、憲法を理由に、自衛隊を派遣せずカネだけ出した。

諸外国からは(本音では軽蔑され)感謝されなかった。

同盟とは、「対等」である。

最近の米国の世論動向を見るならば、米軍は当然、自国民の安全を最優先にするだろう。

朝鮮半島が緊迫している中で、相変わらず、「平和ボケ」の情勢である。

ハッキリ言えることは、「拉致、核、ミサイルの包括的解決」には、北朝鮮の現体制を倒す以外ない。

敵基地攻撃能力の整備を進めるべきである。

専守防衛に固執する限り、日本の運命は「アメリカの手の中(アメリア頼み)」にある。

これは、現実として恐ろしい事ではないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

米国が東アジアから撤退した時、日本の生きる道は?

政治は、理想と現実の繰り返しに思う。

米国大統領の「中国には失望した」と、国務長官の「中国には感謝している」という発言の微妙な違いに診られるように、米国の北朝鮮政策は、迷走している様に思える。

米国の世論は、北朝鮮の弾道ミサイルが米国本土まで到達する現実を受けて、ようやく「北朝鮮に対する脅威」を感じてる。

即ち、遠いアジアの「出来事」ではなく、米国の安全保障上の深刻な脅威なのである。

これは、トランプ大統領がいう通り「歴代大統領の北朝鮮政策の失敗」であり、北朝鮮を制御できなかった超大国・アメリアの責任である。

しかし、米国の責任と言っても何の解決にもならない。

北朝鮮の脅威を感じている米国では、世論は大きく二つに割れている。

第一に、敵基地先制攻撃論である。今なら、(北朝鮮の対米国本土への核・ミサイル攻撃能力が完成していないので)まだ犠牲は、将来と比べて少ない。

窮極の選択である。

米国人としては、韓国・日本に被害は有っても、米国本土までは反撃は及ばない。という本音である。

第二に、北朝鮮を核保有国として認める事。和解の条件として、米国本土まで到達する核・ミサイルの開発は自制させるという事。

この約束は、北朝鮮にとって一時的なもので、将来も守るわけがない。

外交努力は限界がある。

そうなれば、「米国との同盟関係」も破綻して、日本列島が北朝鮮の脅威に晒される。

両者に共通して言えることは、「アメリア・ファースト」である。

それは、トランプ大統領の本音でもあり、多くの米国人が抱く逡巡(自国防衛か同盟国との約束か?)でもある。

どの国においても、自国防衛はファースト!であるからだ。

日本の防衛を、「日本核武装論」を含めて真剣に考えなければならないのではないか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

祝!・・・斉藤健・新農水大臣に期待する!

安倍総理は、今日(8月3日)内閣改造を行う。

日本の政治家で、安倍総理以外に国運を委ねられる政治家はいない。

だから、大変でしょうが、反安倍勢力には負けず頑張って頂きたい。

ところで、今回の内閣改造で、個人的には、斉藤健さん(千葉7区)が農水大臣に内定した事は、嬉しく思っている。

斉藤健さんは、東大・ハーバード大~通産省といった華麗なキャリアを持つ。

だが、初回の補欠選挙では、民主党候補に敗れ、次の総選挙は、民主党全盛時代に遭遇したが、(絶滅危惧種と言われた)小泉進次郎さんらと共に初当選を果たした。

斉藤健さんは苦労人である。

私は、浪人時代からご交誼を頂いていたので、大臣就任は実に感慨深いものがある。

特に、斉藤健さんの「政策説明能力」は、今まで会った政治家の中で最も高い。

多くの有権者に対して、どんな難しい問題でも易しく説明して下さる「政策説明能力」は、政治家にとって大切な素養である。

農水大臣としても即戦力が期待されている。

斉藤健大臣!これからも、日本国の為に、頑張って頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

首相官邸・防衛省からの「非公開情報」の漏えいこそが大問題

「加計問題」「防衛省の日報問題」の野党追及を聴いていて、「違う!」と思った。

先ず、今治市の職員が首相官邸で首相補佐官を面談したという件である。

元首相補佐官が、見事に・・・「私の記憶にない」と連発していた。

桜井充議員(民進党)が、「記憶がない筈がない」「官邸の出入記録がある筈だ」と迫ったのに対して、この首相補佐官は、最後まで「記憶にない」と押し通した。

首相補佐官は今治市の職員と「面談」したことは、(大勢の官邸記者が見ているので)事実だろうと私は思う。

だから、「(法的責任を問われない)記憶にない」と、言ったのである。

しかし、それは隠密であって、「公開」情報ではない。

それ故、「官邸の出入記録」も残さない。

元首相補佐官は、立派な官僚であり、官邸のセキュリテイは保たれていると感じた。

この問題は、「国民の知る権利」の及ばない非公開情報であり、「加計問題の核心」ではない。

次に、防衛省・陸上自衛隊の「南スーダン日報」問題である。

私は、最も深刻に思ったのは、「文書の隠蔽」という事ではない。

この問題がマスコミにリークされたことを発端として、「戦闘云々・・・」と野党によって政治利用され事。

「メモ端」に至るまで、克明な内部情報が漏えいした事である。

これは、防衛省であるだけに、文科省(前川事務次官)のメモ情報の漏えいの比ではない。

その意味(=情報漏えい)では、結果として情報統制できなかった稲田防衛大臣の辞任は国益上当然である。

米国・中国・ロシア・韓国などの諸外国と比べて、日本国政府には、(CIAなどの)情報機関がないから、「情報の共有」が不可能であり、日本の安全保障上問題である。

それ故、朝鮮半島有事の際、拉致被害者の救出作戦も、米国に頼るしかないのが悲しい現実である。

最高の国家機密を扱う・・・首相官邸・防衛省からの非公開情報の漏えいこそが大問題である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い?~今井絵理子議員が可哀想・・・

ここまで来ると、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の譬え通りだ。

坊主とは安倍晋三総理で、袈裟とは今井絵理子参議院議員である。

朝からTBSでは、週刊誌ネタを元に、「今井絵理子議員不倫バッシング」を始めている。

マスコミは、どんな独裁者よりも恐ろしい。

今井議員をワザワザ「安倍チルドレン」と呼ぶなど、「マスコミの政治的意図」を、私は感じる。

神戸市議の若い男性と仲良く手をつないだまま新幹線の中で爆睡している今井議員の盗撮写真がスクープされている。

写真を見る限り、二人の間には深い信頼感があり、今井さんはこの男性に対して「恋愛感情」があるのだろう。

私には、「悲しくも美しい」写真に見える。

「恋愛感情」をシングルマザーである今井絵理子議員が持つことは、何ら非難される事ではないし、今井さんは、何の罪も犯していない。

これが、何故、「わきが甘い」「子供がいながら」などと、批判されなければならないのか?

もし、「わきが甘い」とすれば、離婚調停中だったとはいえ男性市議の方にあるのかもしれない。

例の豊田真由子議員の「バカヤロー、このハゲー」との暴言スキャンダルとは全く異質である。

「恋愛感情」まで非難される今井絵理子さんが可哀想だ。

頑張れ!今井絵理子さん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

「安倍批判劇場(激情)」を振り返れば安倍総理は潔白である!

◆安倍総理は潔白であった!

森友~加計と続いた「総理批判劇場」は、昨日の参議院予算委員会をもって幕を閉じた。

あの喧騒は、一体何だったのか?

二日間の閉会中審査でハッキリした事は、事実として「安倍総理は潔白である」という事ではないか?

◆違法性も無く、疑惑だけが独り歩き

元々、何の客観的「証拠」も無く、「疑惑」だけが先行したものであった。

マスコミ・野党は、「真実の解明」と言うが、そうではない。

政治的な意図(=安倍政権打倒)が明白であった。

従って、「総理の疑惑」は「疑惑」の域を出ず、違法性とは無関係なモノばかりだった。

◆前川氏の個人的想像・妄想から始まった

『文書・メモ』のマスコミへのリークと、前川氏の個人的な想像・妄想(=安倍総理の関与)から始まったものに過ぎなかった。

二日間の閉会中審査を、私は清聴した。

その結果、事実として、「安倍総理から直接、加計学園に関する意向・指示の言葉、あるいは、それを示唆する話は、誰一人として(前川氏も含めて)聞いていないのである。

◆小野寺議員と青山議員の質疑で十分わかった

小野寺五典議員と青山繁晴議員の質疑によって、「真相」が見えたのである。

小野寺・青山両先生の論点を整理し、核心を突く質疑は、素晴らしいものだった。

安倍総理も二日間、冷静に丁寧に答弁した。

一方の民進党は、中味の無いエキセントリックなものだった。

◆出て行け!はないだろう

蓮舫のエキセントリックな質問は、想定内の事だったが、桜井充議員の威圧的で、エキセントリックな質問には、意外な事に見えた。

桜井議員は、山本大臣(国家戦略特区担当)が、答弁に立つと、「出ていけ!」と怒鳴り散らした。

山本大臣は、予算委員長(山本一太)の指名で答弁したものである。

少し前に、記者の挑発的な質問に対して、「出て行きなさい!」と言って更迭された某大臣がいたが、桜井議員の「出て行け!」という発言は、あの発言以上に暴言である。

◆山本一太委員長は、野党に迎合しすぎ!

更に、桜井議員は「・・・小さな問題とは何事か!聞き捨てならぬ!」と噛みつき、野党理事が委員長席に詰め寄った。

しかし、私はハッキリ聴いている。

山本大臣は、「・・・小さな問題」ではなく、「そのような細かい問題については、総理ではなく私から答弁します」と言っている。

これは、言った言わないではなく、桜井議員が余りにも興奮しすぎて「山本大臣の答弁」を聞き違えたという事に過ぎない。

しかし、何故か?山本一太予算委員長は、山本大臣に対してのみ「言葉には気を付けるように」という注意をしただけで、一方の桜井議員の暴論に対しては、お咎め無しである。

このような、山本一太委員長の、議事運営に関して私は、強い疑問を感じる。

◆兎も角、「総理批判劇場(激情)」は終わった

マスコミ・野党は、「疑惑が解明されず」「欲求不満が残った」と昨夜からコメントしている。

しかし、総理は全ての質問について、丁寧に答えている。

一方、マスコミ・野党は、『内閣支持率の急落』という、思いがけない得点を稼ぐことができた。(残ったのは、国民の「政治不信」という空気である)

当初の、政治的目的を果たしたのだから、マスコミ・野党は「満足」だろう。

従って、余程のことが起こらない限り、「総理批判劇場」は、終わりにしてほしい。

◆拉致被害者の救出を!

青山繁晴議員の主張は素晴らしかった。

緊迫する朝鮮半島情勢を踏まえて、日本人拉致被害者全員を救出すべき具体策について、進めて欲しい。

頑張れ!安倍総理!

==================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧