« ≪読後感≫『こころ』(夏目漱石) | トップページ | 文学と政治 »

2019年11月22日 (金)

あっぱれ一茂、玉川徹(テレ朝)を論破!

◆今朝(テレ朝)の一茂さん

我々の年代では、<一茂>と言えば、ミスター長嶋茂雄の長男というイメージである。

つまり、「野球バカ」、あるいは「格闘家」のイメージで、体育会系のイメージが強い。

最近は、タレント(?)としてテレビ出演もで多い。

一茂さんは、政治的な発言は控えていたようだが、今朝の『羽鳥モーニングショー』(テレ朝)は少し趣が違っている。

◆GSOMIA脱退のテーマ

テーマは、韓国のGSOMIA脱退の期限が迫っている、その話題だった。

GSOMIA脱退は、時間の問題というのは誰の目にも明らかである。

玉川徹氏は、日韓双方に「最後の努力」「対話」を期待しているようだ。

(韓国と同じように、土壇場でのアリバイ作りの発言である)

そうしなければ、日韓双方に悪影響がある)かのような発言である。

◆一茂さん、猛然と発言

つまり、「日韓双方に感情的になっている」と、「評論家風」に述べていた。

一方、一茂さんは、猛然と「政治的発言」をしていた。

その一つ一つが、純粋且つ、健全な感情の発露である。私は、共感した。

通常、出演者は、番組の意図に沿って「発言」するものだが、一茂さんは「勇気」がある。

◆嫌いだ!

「GSOMIA脱退の理由に、(韓国が)日本の輸出規制措置を挙げているが、関係ない。

ちゃんちゃらオカシイ」「韓国の文大統領は、反日政策しかやっていない!」

ズバリその通りである。

さらに、一茂さんは、ホンネを言った。

「ハッキリ言って、文大統領も、(韓国の)国会議長も、嫌いだ!」「来年の選挙で、負ければよい!」

◆純粋且つ、健全な感情が「空理空論」を制する

と、その直後、指名された評論家の吉永みち子氏は、一茂さんの正論に、口籠って意味不明の発言である。

玉川氏は、日韓共に「感情的だ」と、冷静さの「顔」を作っていた。

テレ朝社員の玉川徹氏は、「お互いに」といういつものロジックを使って、お茶を濁した。

一茂さんは、「日本は絶対妥協してはいけない!」「安倍さん、頑張ってください!」と「発言」をした。

玉川徹・吉永みち子を完膚なきまでに論破した。

感情、つまり、純粋且つ、健全な感情によって、「空理空論」の玉川・吉永を、圧倒したのである。

=================

|

« ≪読後感≫『こころ』(夏目漱石) | トップページ | 文学と政治 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ≪読後感≫『こころ』(夏目漱石) | トップページ | 文学と政治 »