« 視聴に値しない、予算委員会議論だった | トップページ | 歴史とは? »

2019年10月15日 (火)

上流にはダム、中流には調整池、下流には貯水槽

今度の台風では、大雨による川の氾濫が大きな被害をもたらした。

神奈川県~東京都~埼玉県の西側に進路をとった。

被害の中心は河川の堤防を越えた(あるいは決壊した)ものである。

台風が去った後も、雨だけは山から川に流れ、堤防を破壊し、人間の集落を襲う。

治山治水は政治の根幹と言われて久しい。

上流では、山間部の樹木による吸水能力も低下している。

中流では、川幅は狭く、大雨に対応する余裕が無い。

下流では、都市部の水害対策が急務だ。

忘れがちだが、河川の治水対策は、次の三つしかない。

上流にはダム、中流には調整池、下流には貯水槽。

である。

|

« 視聴に値しない、予算委員会議論だった | トップページ | 歴史とは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 視聴に値しない、予算委員会議論だった | トップページ | 歴史とは? »