« 樺太引揚者の悲惨な実態は、戦後に起こった | トップページ | 「保守本流」批判 »

2018年8月17日 (金)

「日本は米国の金魚の糞」「(モーニング・クロス、高橋某)なる暴論

これは暴論です!
今朝のTOKYO・MX(堀潤司会)を観ていたら、メインゲストによる酷い表現があった。
高橋某なるメインゲストによる次のような発言である。「日本は米国の金魚の糞のように、自主性が無い」というもの。
これは、表現自由を超えて、思想自体が暴論である。
☆……☆……☆……☆
◆核兵器のない世界?
「核兵器の無い世界を」目指して,というテーマだったと思うが、「日本は、米国の金魚の糞だけに成り下がるのではなく、自主的に核兵器廃絶について発言すべきだ」というものだった。
司会の堀潤氏は、聞き流していた。
☆……☆……☆……☆
◆侮蔑的すぎる!
理想を語るのは、良い。
しかし、「日本はアメリカの金魚の糞」という表現は、日本に対しても米国に対しても侮蔑的に過ぎる。
「米国と手を切れ!」というのは、高橋某は、朝鮮総連幹部との交流(?)で、あるいはプロ市民運動との交流の中で、生じた反日思想である。
高橋某は、朝鮮総連の代弁をしていた。
================

|

« 樺太引揚者の悲惨な実態は、戦後に起こった | トップページ | 「保守本流」批判 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/67065456

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本は米国の金魚の糞」「(モーニング・クロス、高橋某)なる暴論:

« 樺太引揚者の悲惨な実態は、戦後に起こった | トップページ | 「保守本流」批判 »