« 「日本は米国の金魚の糞」「(モーニング・クロス、高橋某)なる暴論 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫旅夜書懐(杜甫) »

2018年8月18日 (土)

「保守本流」批判

保守本流とは?
旧宏池会の流れを保守本流という。
しかし、私はその呼び名に違和感を感じる。
自民党には、岸→福田派(現在の安倍総理)の流れを汲む清和会、池田→大平派(岸田政調会長)の流れを汲む宏池会、そして田中派の流れを汲む政治潮流があった。
☆……☆……☆……☆
何故、保守本流と呼ぶのか?
岸→福田派は、一般的に(マスコミ的に)保守本流とは呼ばず、右派あるいは改憲派などと呼ぶことが多い。
田中派はもともと、経済発展至上の潮流だから、保守の範疇では測れない。
宏池会の流れを保守本流というには、訳がある。
☆……☆……☆……☆
保守本流の保守とは?
それは、保守に対する解釈が、以下の通りである。
1)保守とは、伝統を大切にする事
2)保守とは、戦争より平和を希求する事
3)保守とは、他国に寛容である事
しかし、これだけでは「お花畑の理想論」でしかなく、保守を貫くことは出来ない。
☆……☆……☆……☆
保守を貫くために!
即ち、保守を貫くには以下の事が大切である。
1)保守とは、伝統を大切にする事である。そのため、時代に合わない悪習は、改革していかなければならない。
2)保守とは、戦争より平和を希求する事である。そのため、価値観を共有する同盟国米国と共に、国防への不断の努力を続けて行かなければならない。
3)保守とは、他国に寛容である事。だが、それは、他国の横暴に対して言うべきことはいう事を排除しない。法と正義に基づいて行う事が大切である。
================

|

« 「日本は米国の金魚の糞」「(モーニング・クロス、高橋某)なる暴論 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫旅夜書懐(杜甫) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/67069311

この記事へのトラックバック一覧です: 「保守本流」批判:

« 「日本は米国の金魚の糞」「(モーニング・クロス、高橋某)なる暴論 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫旅夜書懐(杜甫) »