« 石破茂「交戦権」解説に、ナルホド納得! | トップページ | 自民党総裁選、石破「ビジョン」VS安倍「責任・実行」 »

2018年8月28日 (火)

障がい者雇用について、雇用者のホンネと法律の建て前

障がい者雇用の実態
中央省庁の殆どが、法律で義務付けている「障がい者雇用」の要件を満たしていない。
法律に、実態が追い付いていないのだ。
この事で、監督官庁の厚生労働省が批判されている。
✰・・・…☆……☆……☆
雇用環境が整っていない
この問題には、雇用者側のホンネと、法律の建て前が混在している。
つまり、「障がい者と共に生きる社会(職場)」という法律の建て前がある。
その一方で、職場によっては障がい者を雇用する環境が整っていないという問題がある。
✰・・・…☆……☆……☆
費用とストレス
官庁にせよ、民間会社にせよ雇用する職場環境が整っていないのが現実である。
例えば、某社長は、次の様に言っていた。
障がい者一人雇用するために係る費用と、精神的なストレスは、並大抵のものではない。という。
✰・・・…☆……☆……☆
雇用者のホンネ
障がい者を雇用する代わりに、「代金」を払って、雇用義務を免除したい。
これが、雇用者のホンネである。
このホンネは、官民とも同じの筈だ。
この点を、解決しなければ、いつまでも雇用者のホンネと法律の建て前が続くだろう。
===========

|

« 石破茂「交戦権」解説に、ナルホド納得! | トップページ | 自民党総裁選、石破「ビジョン」VS安倍「責任・実行」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/67105896

この記事へのトラックバック一覧です: 障がい者雇用について、雇用者のホンネと法律の建て前:

« 石破茂「交戦権」解説に、ナルホド納得! | トップページ | 自民党総裁選、石破「ビジョン」VS安倍「責任・実行」 »