« 委員長を襲い、議事進行メモを奪ったのは、山本太郎議員だった | トップページ | 災害の教訓、コミュニテイーの形成 »

2018年7月21日 (土)

米朝首脳会談(於:シンガポール)から1ケ月が経過、だが拉致・核・ミサイルで具体的進展はなし

今何が起こっているか?
第一に、中国が北朝鮮への支援を開始している事。
第二に、韓国も、北朝鮮に対する経済制裁をなし崩しで緩和している事。
第三に、米国トランプ大統領は、中間選挙を睨み、何もできない事。
即ち、米朝首脳会談が成功だったとするためである。
☆……☆……☆……☆
時間稼ぎ
北朝鮮は、狡猾な瀬戸際外交で、時間稼ぎをしている。
二度ある事は、三度ある。
三度ある事は、繰り返す。
シンガポール首脳会談から、1ケ月経過した。
結局、北朝鮮の金正恩の性根は何も変わっていない。
☆……☆……☆……☆
拉致はどうなるか?
わが国にとって、拉致問題の解決は最重要課題である。
だが、良い兆候はない。
核・ミサイルを破棄しない限り、この緊張は続く。
やはり、対北朝鮮政策というのは、圧力こそが最良の解決策であることを、知るべきだ。
============

|

« 委員長を襲い、議事進行メモを奪ったのは、山本太郎議員だった | トップページ | 災害の教訓、コミュニテイーの形成 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/66963871

この記事へのトラックバック一覧です: 米朝首脳会談(於:シンガポール)から1ケ月が経過、だが拉致・核・ミサイルで具体的進展はなし:

« 委員長を襲い、議事進行メモを奪ったのは、山本太郎議員だった | トップページ | 災害の教訓、コミュニテイーの形成 »