« 日朝関係はどうなるか? | トップページ | 「権力との距離感」を模索する是枝監督 »

2018年6月 9日 (土)

共産党が主導する反安倍野党・マスコミ勢力

◆野党は、低迷している
残念ながら、自由民主党に替わる政党が、見当らない。
最大野党は、立憲民主党だ。
小池都知事率いる「希望の党」が、「排除の論理」というマスコミの呪縛に引っかかって「駆け込み寺」のように成立したのが枝野の立憲民主党だ。
☆……☆……☆……☆
◆野党の存在意義は?
だから、「反安倍」「反小池」というのが立憲民主の存在意義、つまり安倍」「小池」が、打倒すべき闘争目標である。
しかし、彼らにとって、これは掛け声だけで良い。
☆……☆……☆……☆
◆自壊する野党
「小池」は打倒したので、残る闘争目標は「安倍」である。
それ故、世論調査で分かるように、「安倍」総理が失脚すれば、立憲民主党は自壊することになる。
自壊しないのは、日本共産党のみだ。
☆……☆……☆……☆
◆綱領が無いから自壊する
立憲民主党や野党・マスコミにとっては、批判だけしていれば良い「現状維持」こそがホンネである。
綱領が無い政党は、最盛期の民主党がそうであったように、やがて自壊する運命にある。
反安倍野党・マスコミ勢力を主導するのは共産党になるだろう。
===============

|

« 日朝関係はどうなるか? | トップページ | 「権力との距離感」を模索する是枝監督 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/66810378

この記事へのトラックバック一覧です: 共産党が主導する反安倍野党・マスコミ勢力:

« 日朝関係はどうなるか? | トップページ | 「権力との距離感」を模索する是枝監督 »