« 「権力との距離感」を模索する是枝監督 | トップページ | 「日本政府は生存情報を出せ」(蓮池薫)は、北朝鮮による(日本)世論分断工作である »

2018年6月13日 (水)

金正恩とⅮトランプは酷似、外交は「文書」ではなく「力」である

歴史的出来事
米朝首脳会談(6月12日)は、間違いなく歴史的出来事だろう。
トランプ大統領は、記者単独インタビュウーで、次の通り答えていた。
「私は金正恩を信じる」
「だが、1年後、間違っていたかも知れない」
☆……☆……☆……☆
◆トランプの賭け
私は、これはトランプの賭けなのだと思った。
昨日、合意された文書は、内容的には大雑把で、抽象的である。
つまり、二人の合意というより、意思表示である。
意思表示に過ぎないのである。
☆……☆……☆……☆
◆従来の外交交渉とは違う
CVIDの内、検証可能と不可逆的の文言が抜け落ちている。
これでは、何のための米朝首脳の合意かという批判が多い。
「譲歩したのか?」という記者の質問に、トランプ大統領は答えていた。
☆……☆……☆……☆
◆私は違う!
「過去の大統領は、何度も約束を破られた」「
だが、私は違う」
更に続けて、「文書が重要なのではない」「要は、100の約束よりも、一つの確実な実行だ」と答えた。
あの冗舌さには、驚いた。
☆……☆……☆……☆
外交は力
トランプの言葉に、彼の外交思考が垣間見える。
それは、外交とは「文書」よりも「力」を示す事だ!というものである。
それは、圧倒的な軍事力を持つアメリカに対して、金正恩が「核」にこだわった事にも通じる。
即ち、外交とは「力」である。
=================

|

« 「権力との距離感」を模索する是枝監督 | トップページ | 「日本政府は生存情報を出せ」(蓮池薫)は、北朝鮮による(日本)世論分断工作である »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/66825812

この記事へのトラックバック一覧です: 金正恩とⅮトランプは酷似、外交は「文書」ではなく「力」である:

« 「権力との距離感」を模索する是枝監督 | トップページ | 「日本政府は生存情報を出せ」(蓮池薫)は、北朝鮮による(日本)世論分断工作である »