« 「3年前、総理と加計氏は会った」(愛媛新文書)への疑問≪続≫ | トップページ | 拉致被害者を取り戻すチャンスだ! »

2018年5月28日 (月)

本日の国会集中審議を見て、これが国権の最高機関かと失望する

◆新しい事実はない・・・
本日、国会では、参議院と衆議院で、「モリカケ」「文書隠蔽」問題で、集中審議が開催された。
予想していた通りだ。
「安倍総理の関与」」を示す新しい事実は何一つない。
☆……☆……☆・・・…☆
◆長妻、山本レベル低い!
特に酷かったのは、長妻議員、山本太郎議員だった。
その他は、何を言いたいのかすら分からない。
(論旨のはっきりしない質問)だった。
ただ、あるのは、『安倍総理の疑惑⇒関与』という意図のみ。
☆……☆……☆……☆
枝葉末節の質問
野党からの質問は、「それが、何なの?」と思ってしまう質問ばかり。
「時間が足りない」という割には、大雑把すぎる内容。
特に感じたのは、野党質問者は常連組だった。
「モリカケ」「文書隠蔽」問題がテーマだが、へたくそな誘導質問を多発していた。
☆……☆……☆……☆
政府の仕事の邪魔をするな!
しかし、枝葉末節な質問には、「知らない」「調査する」という素っ気ない答え。
こんな事を、いつまで続けるのか?
国会は、立法府だから、本来は「政策を議論する場」である。
☆……☆……☆……☆
過労死家族の前で、議論せよ!
野党議員の「過労死家族と面会せよ!」という、総理への執拗な要求(?)が繰り返した。
閣僚席には、加藤厚労大臣はいない。
労働問題の筈だが、野党議員のは、議論なしのパフォーマンスばかり。
家族の前で「長時間労働問題」を議論すべきではないのか?
☆……☆……☆……☆
国会の機能を発揮せよ!
終日、国会中継を観ていたが、これが国権の最高機関か?と失望する。
野党やマスコミは、これでも「疑惑がさらに深まった」というのか?
今日も、口々に「○○、○○、○○、・・・・の証人喚問を要求する」「後日理事会で協議する」の繰り返し。
===========

|

« 「3年前、総理と加計氏は会った」(愛媛新文書)への疑問≪続≫ | トップページ | 拉致被害者を取り戻すチャンスだ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/66769416

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の国会集中審議を見て、これが国権の最高機関かと失望する:

« 「3年前、総理と加計氏は会った」(愛媛新文書)への疑問≪続≫ | トップページ | 拉致被害者を取り戻すチャンスだ! »