« 本日の国会集中審議を見て、これが国権の最高機関かと失望する | トップページ | 拉致被害者を取り戻すチャンスだ!≪続≫ »

2018年5月29日 (火)

拉致被害者を取り戻すチャンスだ!

生きて帰国を待っている
私は、永年拉致被害者の救出運動に、参加している。
ボランテイアとして、街頭署名活動にも参加する。
救う会の活動に、通行人の反応は温かい。
署名と共に、励ましの言葉を頂く。
ある日、突然、最愛の家族が引き裂かれ、北朝鮮に連れられていったのだから、同情と励ましは、普通の感情だろうと思う。
☆……☆……☆……☆
◆いくら貰っている?
しかし、そんなボランテイア活動に対して、時折、妙な事を言う人がいる。
「御苦労さんだネエ」と、笑顔で近づいてきて、我々ボランテイアの「所属」「団体」等を聞いてくる。
私は、「自分の意思で参加している」旨を告げると、「そうかなあ・・・」と信用できないような顔をして、「いくら貰っている?」と来る。
☆……☆……☆…・・・☆
◆拉致被害者は亡くなっている、という暴言!
私が、一番憤りを覚えた事は、「拉致被害者救出もいいけど、被害者は亡くなっているというではないか!」という暴言である。
評論家の田原総一郎が、「拉致被害者は亡くなっている」と,北の思惑を代弁するように暴言を吐いた。
根も葉もない事である。
☆……☆……☆……☆
◆ニセ遺骨など
以前、亡くなったという「証拠」として、北朝鮮は焼骨を提供したが、日本の高度の科学技術・DNA鑑定で、すべてニセ遺骨であることが分った。
北朝鮮とそれに近い評論家たちは、救う会の運動を諦めさせるために、あらゆることをねつ造して来た。何度も。
しかし、我々は、諦めない。
拉致被害者は、生きて救出を待っているからだ。
☆……☆……☆……☆
◆取り戻すチャンスだ!
拉致問題は超党派であり、就中、安倍総理は最も詳しく、一環として正当な政治家である。
それは、家族会の信頼感でも頷ける。
昨日も、集中審議終了後、家族会への再度の説明を行っている。
米朝首脳会議の前に、6月上旬再び、日米首脳会談をセットするようだ。
情勢はひっ迫しているが、拉致被害者を取り戻すチャンスである。
===============

|

« 本日の国会集中審議を見て、これが国権の最高機関かと失望する | トップページ | 拉致被害者を取り戻すチャンスだ!≪続≫ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/66771359

この記事へのトラックバック一覧です: 拉致被害者を取り戻すチャンスだ!:

« 本日の国会集中審議を見て、これが国権の最高機関かと失望する | トップページ | 拉致被害者を取り戻すチャンスだ!≪続≫ »