« 柳瀬秘書官が、「4.2面談」の報告を安倍総理にしなかったのは事実だろう・・・その理由は・・・ | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫黄鶴楼(崔顥) »

2018年5月15日 (火)

麻生太郎に対する人格攻撃

麻生太郎さん
麻生太郎という政治家は、歯に衣を着せぬ人で、私は嫌いではない。
だが、その発言は、一部を切り取って、格好の攻撃材料となる。
しかし、今朝のテレ朝では、麻生氏に対する攻撃が、「発言」から「顔」へと拡大していた。
☆……☆……☆……☆
テレ朝・中尾彬
番組で、中尾彬さんは、麻生氏の顔に対して、「嫌悪感」を口にしていた。
人の「発言」は、間違いがあれば訂正することが出来る。
だが、麻生氏の「顔」を捉えて非難するのは、さすがに「人格攻撃」である。
☆……☆……☆……☆
野党のセクハラ非難
昨日の国会で、野党は、「麻生大臣は、セクハラ被害者(テレ朝社員)に謝罪しろ!」と迫っていた。
麻生氏は、「セクハラはアウトと前から言っている」「財務省として、文書で謝罪した」と答弁した。
☆……☆……☆……☆
◆あまりにも、やり過ぎだ!人格攻撃だ
野党議員は、尚も「口頭で謝罪しろ」と迫っていた。
麻生太郎氏は、憮然とした表情で「謝罪します、ハイ」と答えた。
テレ朝、中尾彬さんのコメントは、この時の麻生太郎氏に対するものである。
ここまで、執拗に「発言」「顔」を非難するのは、テレビ朝日に限らず、フジテレビの坂上忍さんもだが、やり過ぎだと思う。
============

|

« 柳瀬秘書官が、「4.2面談」の報告を安倍総理にしなかったのは事実だろう・・・その理由は・・・ | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫黄鶴楼(崔顥) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/66721988

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生太郎に対する人格攻撃:

« 柳瀬秘書官が、「4.2面談」の報告を安倍総理にしなかったのは事実だろう・・・その理由は・・・ | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫黄鶴楼(崔顥) »