« 「3年前、総理と加計氏は会った」(愛媛新文書)への疑問 | トップページ | 本日の国会集中審議を見て、これが国権の最高機関かと失望する »

2018年5月23日 (水)

「3年前、総理と加計氏は会った」(愛媛新文書)への疑問≪続≫

声高な、嘘つきキャンペーン
マスコミと野党は、次の様に繰り返し繰り返し、声高に主張している。
「整理する」と次の通りだ。
①愛媛県の「新文書」では、「3年前2月25日当日、安倍総理と加計氏は、「15分間面談した」とある。
②そこで「獣医大学いいね」と総理が語った。とある。
③(それを以って、マスコミと野党は)安倍総理は嘘をついている「疑惑がひろがった」と、トーンを上げている。
☆……☆……☆……☆
◆問題の核心とはズレている・・
誰が嘘をついているか?というのは、問題の核心とはズレている。
総理が不正な働きかけをしたかどうか?が核心である。
しかも、県の文書は、よく聞いてみると「間接的な伝聞」ではないか。
会談に県職員が陪席したわけではない。
しかも、当日の首相動静には、「面談」の事実はない。
☆……☆……☆…・・☆
◆どちらが嘘をついている?
ここまで、ハッキリしても、「官邸には裏口もある」「秘密会談は可能」と、左翼コメンテーターは、あきらめが悪い。
番記者が誰も、当日の加計氏を目撃していない。不思議だ。
文書だが、およそ、日付も職印も、何故かフォントも違う、記載者の名前もない『怪文書』の内容は信じるが、総理大臣の答弁は信じられないというものだ。
マスコミは、どちらが嘘をついている?と、引き延ばす。
☆……☆……☆……☆
事実は明白ではある!
およそ、この様な反安倍キャンペーンである。
しかし、マスコミは、「総理は、(会っていない事の)潔白を証明すべきだ」という無理難題をいう。
「会った事」の証明は簡単だ。しかし、「会っていない事」の証明は、悪魔の証明ではないか?
事実は明白である!
会った事の少なくとも記者など目撃者がいない限り、安倍総理の言う通り「会っていない」
☆……☆……☆……☆
政治の混乱が目的?
どちら(安倍総理か愛媛県か?)が嘘をついているか?という事ではでない。
「加計職員が、ことさら総理と理事長が親友であることを示す為に、虚証したこと」も考えられる。
結局、私の推測では、あの愛媛文書なるものは、「安倍総理が嘘をついた」、(結論)を導くために整合性のあるストーリーを組み立てたものである。
最初に結論ありきで、取捨選択の取材をして記事を書く、新聞記者のやり方に似ている。
プロの仕業である。
その目的は、政治の混乱である。
===============

|

« 「3年前、総理と加計氏は会った」(愛媛新文書)への疑問 | トップページ | 本日の国会集中審議を見て、これが国権の最高機関かと失望する »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/66750650

この記事へのトラックバック一覧です: 「3年前、総理と加計氏は会った」(愛媛新文書)への疑問≪続≫:

« 「3年前、総理と加計氏は会った」(愛媛新文書)への疑問 | トップページ | 本日の国会集中審議を見て、これが国権の最高機関かと失望する »