« 国会は、痴話件喧嘩の場≪続≫ | トップページ | マスコミ「闇討ち」体質が、(福田事務次官の)冤罪を引き起こす »

2018年4月16日 (月)

≪漢詩鑑賞≫虞美人草(曹鞏)

紀元前210年、始皇帝の死後、各地で蜂起した。
やがて勢力は、項羽と劉邦の二大勢力に集約された。
咸陽に入った劉邦を追って、項羽は鴻門に陣した。
圧倒的優勢を誇る項羽の前に、劉邦は参謀の趙良を残して脱出する。
項羽の智臣、范増は、玉斗を投げて嘆く。
それから4年、形勢は逆転する。
追われる項羽は、四面楚歌の中、虞姫と自作の詩を歌い合った。
最後は、従者百人余で、もはやこれまでと観念した項羽は自害し、虞姫の後を追うのである。
この詩は、詠史詩であるため、背景を知って鑑賞すると、尚更、栄枯盛衰、悠久の歴史が感じられる。
☆……☆……☆……☆……☆
Gubijinnsou
Kanshi_c18_1_2
====================================
虞美人草 (作者:曹鞏そうきょう・北宋)
鴻門の玉斗粉(ふん)として雪の如し
十万の降兵(こうへい)夜血を流す
咸陽(かんよう)の宮殿三月紅なり
覇業已に煙燼(えんじん)に随いて滅ぶ
剛強なるは必ず死し仁義なるは王たり
陰陵(いんりょう)に道を失いしは天の亡ぼせるに非ず
英雄本学ぶ万人の敵
何ぞ用いん屑屑(せつせつ)として紅粧(こうしょう)を悲しむを
三軍散じ尽きて旌旗(せいき)倒れ
玉帳(ぎょくちょう)の佳人座中に老ゆ
香魂(こうこん)夜剣光を遂いて飛び
青血(せいけつ)化して原上の草となる
芳心寂寞寒枝に寄る
旧曲聞こえ来たりて眉を斂むるに似たり
哀怨徘徊愁えて語らず
恰(あたか)も初めて楚歌を聴ける時の如し
滔滔(とうとう)たる逝水近古に流る
漢楚の興亡両(ふた)つながら丘土(きゅうど)
当年の遺事久しく空と成る
樽前に慷概(こうがい)して誰が為にか舞わん
===============

|

« 国会は、痴話件喧嘩の場≪続≫ | トップページ | マスコミ「闇討ち」体質が、(福田事務次官の)冤罪を引き起こす »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/66616710

この記事へのトラックバック一覧です: ≪漢詩鑑賞≫虞美人草(曹鞏):

« 国会は、痴話件喧嘩の場≪続≫ | トップページ | マスコミ「闇討ち」体質が、(福田事務次官の)冤罪を引き起こす »