« マスコミ・野党は、大声で騒いでいるが「理財局の文書書き換え」問題は、稀代の詐欺師籠池に踊らされているだけの事 | トップページ | 追記 »

2018年3月17日 (土)

モリカケ問題が、反安倍勢力の仕掛けた時限爆弾(仮説)だとしたら?

此れは、あくまで仮説である。
モリカケ問題に共通しているのは、安倍総理への忖度が働いたとする疑念である。
森友問題では、総理夫人が「名誉校長」だったことから。
加計問題では、総理の「長年の親友」だったことから。
共通項は、「忖度」によって行政が歪められたのではないかという疑惑である。
忖度自体は、違法行為がない限り、何処にでもあるし、官僚が行政トップの総理大臣の発言を気にも留めない(忖度)しないということは、あり得ない。
此処に、政権追及の妙が有るともいえる。
総理夫人、総理の親友という「特殊性」を強調するだけで、云わば疑惑のままで、反安倍勢力は喜び勢いづく。
反安倍勢力は、何処にでも存在する。
前川氏が事務次官だった文科省も、勿論、財務省すら。
彼ら官僚は、習性として省益を第一としてきた。
しかし、政権側が、人事権を官邸に集中させることで、政治主導を実現してきたが、前川事務次官らはそれに抵抗したのが事実経過である。
これは、どちらが正しいかどうかではない。
官僚の立場に立てば、政治主導に反発するのは当然の事である。
その様に考えれば、官僚内部に、反安倍派が存在するのが当然である。
官僚は、情報を握っているので、その情報を(例えば朝日新聞に)リークすれば、大騒ぎになり、野党はここぞとばかり大声を政権は混乱する。
こんな事は、全くの仮説だが、私は次の様に考えた。
全ては、官僚組織内部の反安倍派勢力の陰謀である。
「書き換え」などで、事が収まるとはあまりに稚拙であり、頭の良い財務官僚らしくない。
これらは、情報を握っている反安倍派勢力の時限爆弾である。

|

« マスコミ・野党は、大声で騒いでいるが「理財局の文書書き換え」問題は、稀代の詐欺師籠池に踊らされているだけの事 | トップページ | 追記 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/66505850

この記事へのトラックバック一覧です: モリカケ問題が、反安倍勢力の仕掛けた時限爆弾(仮説)だとしたら?:

« マスコミ・野党は、大声で騒いでいるが「理財局の文書書き換え」問題は、稀代の詐欺師籠池に踊らされているだけの事 | トップページ | 追記 »