« 日本マスコミは、北朝鮮に対してにあまりにも寛大すぎる | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫七哀の詩(王粲) »

2018年3月 2日 (金)

参議院予算委員会での、小池議員(共産)・福山議員(立民)の質問は時間の無駄

今日は終日、参議院予算委員会のテレビ中継を観ていた。
その中で、一部野党議員の低劣な質疑内容には驚いた。
つまり。
共産党の小池議員、立憲民主党の福山議員の二人。
質疑で、安倍内閣を追及するのは、良い。
だが、何度も「答弁」に納得せず議事が中断しているのはどうしたものか?。
一番中断したのは、財務省理財局長の「答弁」であった。
質問者は「答弁」に納得しないという事だが。
それは、小池・福山議員らが「望むような答弁」ではないという事である。
財務省理財局長の「答弁」の事である。
理財局長は、「答弁」を拒否しているわけではない。
捜査・訴訟中のため答弁を控えると言っているに過ぎなく。
イエスかノーか、二者択一の質問であるが、必ずしも実態は、望むような「二者択一」ではない。
小池氏・福山氏は、議事を中断して座っていた。
そうではなく、質問の観点をかえて質問すべきである。
これでは、せっかくの予算委員会も、時間の無駄だと言える。
質問力はゼロだ。
 

|

« 日本マスコミは、北朝鮮に対してにあまりにも寛大すぎる | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫七哀の詩(王粲) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/66452387

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院予算委員会での、小池議員(共産)・福山議員(立民)の質問は時間の無駄:

« 日本マスコミは、北朝鮮に対してにあまりにも寛大すぎる | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫七哀の詩(王粲) »