« 追記 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫烏江亭に題す(杜牧) »

2018年3月22日 (木)

法と証拠ではなく、空気(世論)で動く政治は危険だ!

最近、政治は法と証拠ではなく、空気によって動かされている。
今度は、前文科省事務次官の前川氏が行った授業について、自民党議員が文科省に問い合わせた件で、報道メデイアと野党は、「これは教育への政治介入だ!」「圧力だ!」と騒いでいる。
文科行政の歪めた張本人である前川氏が、どんな「授業」をするのか?私でも問い合わせたくなる。
 
問い合わせたら「介入だ!」「圧力だ!」というのは、論理の飛躍ではないか。
森友問題が、問題にされた当初、「国有地払下げ」問題よりも、報道メデイアと野党は、教育勅語を用いた教育内容を重点に非難していた。
教育勅語を用いた教育は、素晴らしい事である。
教育勅語を頭から軍国主義教育の復活というのは、偏向の極みであった。
 
即ち、籠池理事長=安倍総理のラインという印象操作、空気の醸成である。
目的は、安倍内閣打倒であった。
さて、佐川氏の証人喚問がきまったが、一部メデイアと野党は、「安倍昭恵夫人の喚問」も要求している。
それは、彼らが言うには世論調査を挙げて、「国民が求めている」という。
このような法と証拠ではなく、空気によって動かされる政治は危険だと思う。

|

« 追記 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫烏江亭に題す(杜牧) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/66526163

この記事へのトラックバック一覧です: 法と証拠ではなく、空気(世論)で動く政治は危険だ!:

« 追記 | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫烏江亭に題す(杜牧) »