« 裁量「労働」制の本質? | トップページ | 参議院予算委員会での、小池議員(共産)・福山議員(立民)の質問は時間の無駄 »

2018年2月28日 (水)

日本マスコミは、北朝鮮に対してにあまりにも寛大すぎる

平昌五輪が終った。日本人選手たちの健闘を称えたい
特に、スピードスケートで金メダルを取った直後の小平奈緒選手の行動には、感動した。
闘った韓国選手を抱きかかえるように、「今でもリスペクトしている」と、日韓の国旗を並べて並走する。
☆……☆……☆……☆……☆
小平奈緒選手はすばらしい!
その小平選手の姿は、(その韓国選手も含めて)忘れがちだったスポーツマンシップを思い出させてくれた。
小平選手を始め、日本人選手は世界一素晴らしい。
☆……☆……☆……☆……☆
スポーツと政治は別
オリンピックを政治利用し、北朝鮮に土下座するばかりの韓国文大統領には到底理解できない日本人の精神性である。
さて、話は変わる。
☆……☆……☆……☆……☆
ペンス副大統領の事は正しい
五輪の最中、北朝鮮の金与正(ヨジョン)らに対して文大統領の異常なまでの歓待ぶりが目立った。
しかし、米国ペンス副大統領は、金ヨジョンを「悪辣非道な金一族の中心メンバー」と批判した。
☆……☆……☆……☆……☆
金ヨジョンの実像
マスコミは、「過激発言」と論評している。
だが、此の言葉は、「誇張」でも「過激」でもなく、紛れもない事実である。
また、日本のマスコミは、「キムヨジョン氏」などと、儀礼的にせよ、」好意的に扱っていた。
キムヨジョンは、
①朝鮮戦争で多数の同胞を殺戮した金日成の孫であり、
②多数の日本人拉致を指示した金正日の娘であり、
③自国民を犠牲にしてまで核ミサイル開発をし続ける金正恩の妹である。
☆……☆……☆……☆……☆
拉致を忘れない!
従って、ペンス副大統領の発言は事実である。
マスコミは、日本人拉致問題は、過去の出来事ではなく、現在進行形の国家犯罪だということを忘れてはならない。
その中枢にいるのが、金正恩と金ヨジョンなのである。
金ヨジョンを呼ぶ時は、金ヨジョン氏ではなく、金ヨジョン容疑者と呼ぶのが正しい。
================

|

« 裁量「労働」制の本質? | トップページ | 参議院予算委員会での、小池議員(共産)・福山議員(立民)の質問は時間の無駄 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/66443591

この記事へのトラックバック一覧です: 日本マスコミは、北朝鮮に対してにあまりにも寛大すぎる:

« 裁量「労働」制の本質? | トップページ | 参議院予算委員会での、小池議員(共産)・福山議員(立民)の質問は時間の無駄 »