« 北朝鮮の民衆が飢餓なのは、金独裁体制のせいである! | トップページ | 裁量「労働」制の本質? »

2018年2月12日 (月)

文大統領を見下す金与正(独裁者・金正恩の妹)

平昌オリンピックは、オリンピック精神とは程遠い政治色濃厚で、平壌オリンピックに様変わりした。
下の写真をみると、南北関係が垣間見える。
韓国文大統領は、嬉々として金与正(独裁者・金正恩の妹)と握手を求めている。
金与正は、微笑みながら握手に応じている。
その立ち振る舞いは、背筋を伸ばして、文大統領を見下している。
この写真は、論評よりも説得力がある。
韓国文大統領は、まるで金王朝の臣下のように見える。
まるで、北の傀儡政権のようだ。
☆……☆・・・・・・・☆・・・・・・・☆・・・・・・・・☆・・・・・・・☆
D_10974236_2
5a7e36d80a8fd273824c_2

|

« 北朝鮮の民衆が飢餓なのは、金独裁体制のせいである! | トップページ | 裁量「労働」制の本質? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/66384777

この記事へのトラックバック一覧です: 文大統領を見下す金与正(独裁者・金正恩の妹):

« 北朝鮮の民衆が飢餓なのは、金独裁体制のせいである! | トップページ | 裁量「労働」制の本質? »