« ≪漢詩鑑賞≫春日李白を憶う(杜甫) | トップページ | 西部邁氏の死去と、安倍総理の平昌行きに悲嘆し、漢詩を読む »

2018年1月18日 (木)

安倍総理は、平昌に行くべきではない!

韓国の「慰安婦蒸返し」の仕打ちに対して、我が国の安倍総理は、平昌オリンピックの開会式に参列すべきか?
当然ながら、欠席すべきである。
自民党幹事長の二階氏は、「出来れば、参加すべきだ」と言っているが、間違いだ。
これは、総理の(国会)日程の問題ではなく、韓国や北朝鮮に誤ったメッセージを与える。
毅然として欠席すべきなのである。
二階氏の考えでは、今までので日韓の歴史の過ちの繰り返しである。
オリンピックは、平和の祭典と言われている。
この「平和の祭典」に反応する人が多い。
古代ギリシャに発生したオリンピックは、都市国家同士、戦乱の中にあってオリンピックの期間は戦争を止めた。
即ち、選ばれた勇士のみが国家の名誉と威信にかけて戦うのである。
よって、無駄な消耗戦を避けるのである。
これが、「オリンピックは平和の祭典」と言われる所以であり、極めて合理的な考えである。
古代中国の場合でも、戦闘の前に、双方の豪傑が一騎打ちをする場面が多い。
これも、兵法上(あるいは国家財政上)、合理的な考えである。
その意味では、平昌五輪の期間中は、「軍事行動はしない」と言った、トランプ大統領の考えは正論である。
しかし、オリンピックの精神と、韓国の文大統領の「容共・反日政策」は、異なるものである。
古代国家では、オリンピック期間中は休戦することで、兵士に休養を与え、国威発揚を図った。
すなわち、北朝鮮の喧伝する「同胞とは戦わない(平和)」も、兵法の一つである。
即ち、時間稼ぎだ。
こんな事も考えずに、二階氏が「出来たら総理が行くべき」というのは、誤りである。
安倍総理は、平昌に行くべきではない!
====================
 
 

|

« ≪漢詩鑑賞≫春日李白を憶う(杜甫) | トップページ | 西部邁氏の死去と、安倍総理の平昌行きに悲嘆し、漢詩を読む »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

安倍さんは行きたくないだろうな。

投稿: | 2018年1月24日 (水) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/66291294

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理は、平昌に行くべきではない!:

« ≪漢詩鑑賞≫春日李白を憶う(杜甫) | トップページ | 西部邁氏の死去と、安倍総理の平昌行きに悲嘆し、漢詩を読む »