« ≪漢詩鑑賞≫楓橋夜泊(張継) | トップページ | 専守防衛という防衛は成り立たぬ »

2017年12月13日 (水)

知る権利・報道の自由はマスコミの特権か?

以前、というか数年前だが。
与良正男氏は、次の様に言った。
仮に機密などを知ったとしても
それを漏らしたりしませんよ・・・。
この言葉は、与良氏の正直な気持ちだろう。
しかし、与良氏個人はその辺の分別があっても、マスコミが分別あるとは誰も思っていない。
重要な国家機密を前にして、マスコミがそれを漏らさないという保証は何もない。
何と言っても、マスコミは「知る権利」「報道の自由」を喧伝している生態である。
秘密を漏らすのが、自然である。
要するに、何のための機密か?と言えば、それは国益の為である。
機密=国益である。
知る権利・報道の自由はマスコミの特権ではない。
知る権利・報道の自由はマスコミの義務である。
それは、国益の為でなければならない。

|

« ≪漢詩鑑賞≫楓橋夜泊(張継) | トップページ | 専守防衛という防衛は成り立たぬ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/66153710

この記事へのトラックバック一覧です: 知る権利・報道の自由はマスコミの特権か?:

« ≪漢詩鑑賞≫楓橋夜泊(張継) | トップページ | 専守防衛という防衛は成り立たぬ »