« 自信過剰な山尾志桜里議員が気持ち悪い! | トップページ | 衆院予算委員会を観て »

2017年11月17日 (金)

「モリカケ疑惑」と騒ぐTBS・テレ朝&野党

国会の文科委員会での質疑では、野党が相変わらず「モリカケ追及」で騒いでいる。
しかし、林大臣の答弁で十分である。
だが、野党はそれでも騒ぐ。
「総理の疑惑」と強弁しても、証拠もないのだから、質疑は噛み合わないし、それ故議論は成立しない。
不毛な議論であるし、国民は冷静だ。
一部メデイアは、安倍総理や加計理事長が欠席だからと言って「喚問」を要求したり、いたずらに時間引き延ばしを図ろうとする。
しかし、「安倍総理が関与した」という事実は一つもない。
「印象操作」という奴は、意外と世論調査の際には効果を発揮していて、「モリカケ疑惑に(安倍総理の)説明が不十分」となる。
火の無い処に煙は立たず・・・と言って、印象操作が効果を発揮する。
このような証拠も無く「風評」だけで、世論が動く事は絶対に在ってはならないと思う。
だが、残念ながらメデイアの偏向報道(報道しない自由)によって、真実は隠されてしまう。
今や一部野党などは、TBS・テレ朝の下請けのようにさえ思える。

|

« 自信過剰な山尾志桜里議員が気持ち悪い! | トップページ | 衆院予算委員会を観て »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/66053792

この記事へのトラックバック一覧です: 「モリカケ疑惑」と騒ぐTBS・テレ朝&野党:

« 自信過剰な山尾志桜里議員が気持ち悪い! | トップページ | 衆院予算委員会を観て »