« 希望の党(小池代表)が、「外国人参政権反対」を入党の踏み絵にするのは極めて正しい! | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫十五夜月を望む(王建) »

2017年10月 5日 (木)

政治家・候補者のトレサビリテイーを明確に!

昨今、民進左派の枝野がつくった立憲民主党が、脚光を浴びているようだ。

今朝のテレビ朝日では、「自民党への対立軸」「受け皿」などと、好意的な印象操作で語られていた。

高木美保さん(女優?)などは、「立憲」という名前に感激していた。

行き場が無くなっていた観念的反日平和主義者(左翼)には、「立憲民主党」は救いの神かもしれないようだ。

立憲民主党と共産党の政策の違いは何か?の質問に、玉川氏は「共産党は最終的に共産主義を目指す」と、珍解説をしていた。

それは、逆に言えば、社民党や自由党(小沢氏の党)も含めて現実の政策(安保法制反対・憲法改正反対・消費税値上げ反対・・・)では、全く同じであり、違いはない。

国家観を突き詰めていけば、共産党との違いが出てくるが、普通はそこまでの議論はせず、選挙で共闘する。

ようするに、立憲民主党・共産党・社民党は、反日左翼という点で一致している。

選挙互助会だった民進党を分裂させた事は、小池百合子と前原誠司の功績と言える。

共通の敵は、安倍自民党という事である。

ただし、旧民進党議員が「立憲民主党」「無所属」「希望」のどれを選択するかは、選挙区事情等によるもので、必ずしも理念・政策が基準ではない。

それ故、有権者としては分かり難い面がある。

其々の立場で選ぶことが肝要であるが、出来るならば、候補者の過去のトレサビリテイー(食品などの製造過程)が必要になってくる。

=====================

|

« 希望の党(小池代表)が、「外国人参政権反対」を入党の踏み絵にするのは極めて正しい! | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫十五夜月を望む(王建) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65876561

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家・候補者のトレサビリテイーを明確に!:

« 希望の党(小池代表)が、「外国人参政権反対」を入党の踏み絵にするのは極めて正しい! | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫十五夜月を望む(王建) »