« 「こんな連中」が何故当選した? | トップページ | すべての国会議員は驕らず、謙虚に丁寧に、身を正すべきだ(無理だけど) »

2017年10月27日 (金)

≪漢詩鑑賞≫黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る(李白)

Photo

黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る

故人西辞黄鶴楼  故人西のかた黄鶴楼

烟花三月下揚州  烟火(えんか)三月揚州

孤帆遠影碧空盡  孤帆遠影碧空

唯見長江天際流  唯見長江天際るるを

☆……☆……☆……☆……☆……☆

我が親友、孟浩然君は、この西の黄鶴楼に別れを告げて

春、花霞の三月に、揚州へ舟で下ってゆく

楼上から、はるか眺めると、たった一つの帆かけ舟のかすかな姿が、青い空に吸い込まれて消え

あとに残影としてただ長江の流れが天の果てへと流れて行くばかりである

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

別離の悲しみと残された寂しさが、大自然のなかに吸い込まれていく、まるで

動画を見ているようだネエ

(上の写真は、漢詩とは関係なく近所の千葉公園です)

|

« 「こんな連中」が何故当選した? | トップページ | すべての国会議員は驕らず、謙虚に丁寧に、身を正すべきだ(無理だけど) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65968707

この記事へのトラックバック一覧です: ≪漢詩鑑賞≫黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る(李白):

« 「こんな連中」が何故当選した? | トップページ | すべての国会議員は驕らず、謙虚に丁寧に、身を正すべきだ(無理だけど) »