« 安倍総理=トランプ大統領の北朝鮮政策を支持する! | トップページ | 希望の党(小池代表)が、「外国人参政権反対」を入党の踏み絵にするのは極めて正しい! »

2017年10月 2日 (月)

政治家を選別するのは、我々有権者だ!

色々マスコミが、騒いでいるが政治家を選別するのは、我々有権者だ!

私が選挙で選ぶ基準は政党ではなく候補者個人である。

最大の基準は、過去、拉致問題に熱心だったかどうかである。

そういう点では、中山恭子先生、松原仁先生、渡辺周先生などは、非自民であっても私は高く評価してきた。

社民党・共産党・小沢一郎の党・民進党左派を除いて、拉致問題に熱心に取り組んできた先生方を私は応援したい。

拉致問題以外の基準では、保守である事である。

即ち反日の中韓の代弁者ではなく、愛国者であることである。

多少の経済政策の違いは、目をつぶる。

それにしても、小池劇場に、民進党はすっかり振り回されているネエ。

昨日のNHK日曜政党討論会では、民進党役員の姿は見えず、自民党塩谷選対委員長と対峙する野党第一党の席には、小池都知事の子分である若狭勝氏が座っていた。

何か、ヘンな構図である。

結局、若狭氏の「希望の党」に関する説明を聞いても釈然としないのは、当事者じゃないからだろう。

しかし、すこし見えてきたのは、希望の党の「公認作業」で、小池氏が、民進党の「前議員」「議員候補」を選別するということ。

即ち、安保政策が違う民進党左派を排除するという事だ。

これに、民進党議員は「裏切り」と言って怒っているが、小池氏の方が筋が通っている。

民進党は、分裂すべきだ。

但し、政治家を選挙で、選別するのは我々有権者であって、小池氏でもマスコミでもない。

そういう意味では、民進党左派は、希望の党に合流せず新党を結成するかすれば良い。

その方が、「国民が…」「市民が・・・」などとごった煮にせず、「わが党は・・・」とスッキりわかり易い。

安保法制反対、憲法改正反対、消費増税反対、などで一致できるのであれば、社民党あるいは共産党とだって一緒になれば良い。

それは、無責任ではあるが政治家の自由である。

その上で、政治家を選別するのは、我々有権者だ!ということを忘れるべきではない。

「小池劇場」が、日本にとって良い方向に向かって行く事を望む。

=====================

|

« 安倍総理=トランプ大統領の北朝鮮政策を支持する! | トップページ | 希望の党(小池代表)が、「外国人参政権反対」を入党の踏み絵にするのは極めて正しい! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65863806

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家を選別するのは、我々有権者だ!:

« 安倍総理=トランプ大統領の北朝鮮政策を支持する! | トップページ | 希望の党(小池代表)が、「外国人参政権反対」を入党の踏み絵にするのは極めて正しい! »