« 日本の核武装議論を封印するな! | トップページ | 二大政党をつくるため、民進党は分裂すべきである! »

2017年9月 8日 (金)

山尾志桜里議員(民進党)は、議員以前に人間失格

山尾志桜里議員のスクープ記事(文春)の直後とあってか、テレビ各局はスルーするわけにもいかなかったようだ。

しかし、その扱いは、「政治家の不祥事」「説明責任を果たすべき」という括りが多い。

それは、メデイアの民進党に対する苦渋の配慮がある。

自民党も含めて「政治家全般」「説明責任を果たすべき」という、「説教」を垂れることで、民主党の、「ダメージ」を和らげようとするメデイアの意図が垣間見える。

今朝のTBSなどは、山尾志桜里議員の「不倫問題」より以上に時間を割いて、豊田真由子議員の『秘書への暴言暴行問題」を取り上げていた。

また、テレビ朝日の玉川氏などは、山尾志桜里議員の「不倫が事実かどうか?は個人的には興味がない」などと、火消しに努めていた。

某コメンテーターは、政治家は、「その仕事(議員の本分)が重要」と言って、「不倫問題」は軽視するような発言をしていた。

しかし、果たしてそうだろうか?

山尾議員と相手の弁護士は、共に家庭には子供と夫or妻がいる。

1週間の内、4日も弁護士と密会していた。

密会場所は、ホテルばかりではない。

ある時は、密会場所は弁護士の自宅が使われた。

なぜなら、弁護士の奥様は、病気療養中で自宅にはいなかった。

山尾志桜里は、「奥様の留守中」に弁護士宅にあがり込み朝4時まで一緒に過ごした。

このフジテレビの報道に、愕然とした。

これは、「一線」を越えたかどうか?の問題ではない。

「不倫」を超えて、山尾と相手の弁護士は、「人間失格」である。

山尾は、「民進党執行部・党員サポーターに迷惑をかけた」と謝罪しているが、そういうレベルではない。

傷ついたのは、お互いの家族である。

まず謝罪すべきは、「相手の家族」と「自身の家族」に対してである。

ハッキリ言う。

これは、「不倫」というより、「人間失格」である。

山尾志桜里は、ゲス不倫の宮崎議員(自民党)と同様に、即刻、議員辞職すべきである。

|

« 日本の核武装議論を封印するな! | トップページ | 二大政党をつくるため、民進党は分裂すべきである! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65764762

この記事へのトラックバック一覧です: 山尾志桜里議員(民進党)は、議員以前に人間失格:

« 日本の核武装議論を封印するな! | トップページ | 二大政党をつくるため、民進党は分裂すべきである! »