« 瓜田に靴を入れず、李下に冠を整さず | トップページ | 米国の人種差別は、歴史の中にある »

2017年8月18日 (金)

「日米、対北圧力を強化」こそが、北の暴走を防止する

トランプ大統領と安倍総理との信頼関係をベースに、日米同盟は完全に機能している。

その結果、北朝鮮の金正恩は新たな軍事挑発を躊躇している。

トランプ大統領は、「(踏み止まった)金正恩を、賢明な判断をしたとほめた。

まだ予断は許さないが、日米同盟は完全に機能している。

半月ほど前、日本のマスコミは、北朝鮮・金正恩の軍事挑発・エスカレートに対しては、唯々・・・眉をひそめるだけであった。

そして、次の様にコメントしていた。

①戦争は絶対いや。話し合いで解決すべきだ。

②北朝鮮を刺激してはならない。

「話し合い」はもちろん大事だが、「話し合い」が目的ではない。

時間稼ぎの場合もあり、事態は深刻になる。

「行動対行動」の原則があってこそ、戦争は回避される。

即ち、圧倒的軍事的優位な中で、「戦争をも辞せぬ」という強い意思こそが、戦争を回避する。

「北朝鮮を刺激」するのが目的ではなく、「あらゆるオプションがある」ことを、常に発信すべきことであった。

「日米、対北圧力を強化」こそが、北の暴走を防止する。

このまま、戦争が回避されれば、日米同盟の勝利である。

トランプ大統領と安倍総理を称賛すべきである。

|

« 瓜田に靴を入れず、李下に冠を整さず | トップページ | 米国の人種差別は、歴史の中にある »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65678357

この記事へのトラックバック一覧です: 「日米、対北圧力を強化」こそが、北の暴走を防止する:

« 瓜田に靴を入れず、李下に冠を整さず | トップページ | 米国の人種差別は、歴史の中にある »