« 「国民の声」という虚構を叫ぶのは止めて欲しい! | トップページ | 小野寺五典議員(自民党)の質疑でスッキリ! »

2017年7月23日 (日)

稲田大臣への集団リンチは、卑怯なり!

今朝、『時事放談』(TBS)で、村上氏(自民党)が自民党安倍政権への批判、就中、稲田防衛大臣への批判を強めていた。

殆ど「防衛大臣としての資質が無い」「即刻、解任すべき」「問答無用」という内容である。

マスコミ報道を観ると、どれも同じ・・・。

稲田大臣は、四面楚歌である。

安倍内閣への批判は、稲田防衛大臣への批判に集中している。

まるで、稲田大臣への集団リンチの様相である。

私自身は、稲田氏が、防衛大臣に適任かどうか?については、評価は必ずしも高くはない。

しかし、集団でリンチを受けるような間違いを犯しているとは思えない。

例えば、都議選の応援演説で、「自衛隊としても・・・応援する」というセリフは、不適切であるが、選挙応援中の事でもあり、「大臣辞任」ほどの事ではない。

また、九州災害中に大臣他政務三役が「不在」だったことも、これは稲田大臣が悪いというより、大臣の公務日程を管理する秘書の責任が大きい。

最近、また南スーダンの「日報」問題で、陸自幹部は「大臣には(文書はあると)報告していた」と、朝日・毎日・東京新聞にリークしている。

稲田大臣は「隠ぺい指示」をキッパリ否定している。

以上の経過を見れば、稲田大臣による文民統制(シビリアンコントロール)が機能していない事は想像できる。

これは、稲田氏が防衛大臣に適任かどうか?以前に、自衛隊という武士の集団(実力部隊)のトップに、か弱き女子(おなご)が相応しいかどうかという問題がある。

これは、法律の問題ではない。

粗野な武士たちが抱く、「心根」の問題であった。

小池百合子防衛大臣の時もそうだったが、「大相撲の土俵には女性は上がらない」と同じように、「防衛大臣には女性は就任しない・就任するべきではない」が、制服組には根強くあった。

稲田大臣が、現場にハイヒールで来たことが非難されていたが、これも秘書が事前に配慮すべき事である。

「防衛大臣には女性は就任しない・就任するべきではない」という気持ちは、命を張って国を守る武士たちの粗野ではあるが、優しい「心根」である。

しかし、稲田氏としては、大臣に任命された以上、その職を全うしようとしたのは政治家として当然である。

そう考えれば、今までは、野党やマスコミによる「稲田大臣への批判」だったが、今は、その批判集団に、陸自が加わっているようで、気持ち悪い。

新聞社にリークするなど陸自は、大臣に対して、「反旗」を翻している。

自衛隊は、どうしてしまったのか?

自衛隊は、粗にして野だが、卑ではなかった筈だ。

稲田大臣への集団リンチは、卑怯なり!

|

« 「国民の声」という虚構を叫ぶのは止めて欲しい! | トップページ | 小野寺五典議員(自民党)の質疑でスッキリ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65569731

この記事へのトラックバック一覧です: 稲田大臣への集団リンチは、卑怯なり!:

« 「国民の声」という虚構を叫ぶのは止めて欲しい! | トップページ | 小野寺五典議員(自民党)の質疑でスッキリ! »