« 韓国・文政権の妄言 | トップページ | 「反安倍無罪」の風潮 »

2017年7月 3日 (月)

「反安倍過激派」の選挙妨害

都議選の結果は、都民ファーストの圧勝、自民党の大敗北だった。

原因は、色々あるだろうが、自民党はこれを機に、謙虚に反省し、立て直しを図って欲しい。

民進党は、都議会第5党に落ちたが、話題にもならない。

ところで、安倍総理の演説の最中、動員された「反安倍過激派」の選挙妨害があった。

野次程度なら、まだ許されるが、大きな旗・プラカードを持ち出して、「安倍やめろ!」「安倍帰れ!」を組織的に連呼していた。

このような風景は、国会周辺ではよく見られた。

実態は「反安倍過激派」(市民グループ?)である。

しかし、安倍総理が憎くても、あのような公職選挙法に基づく街頭での演説を、妨害する行為は、誰がなんと言おうと良くないと思う。

公職選挙法では、選挙期間を定め、誰でも自由に主張を述べることできる。

即ち、街頭討論会ではない。

明らかに「反安倍過激派」による選挙妨害であり、民主主義への挑戦である。

|

« 韓国・文政権の妄言 | トップページ | 「反安倍無罪」の風潮 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65488629

この記事へのトラックバック一覧です: 「反安倍過激派」の選挙妨害:

« 韓国・文政権の妄言 | トップページ | 「反安倍無罪」の風潮 »