« 稲田大臣への集団リンチは、卑怯なり! | トップページ | 「安倍批判劇場(激情)」を振り返れば安倍総理は潔白である! »

2017年7月24日 (月)

小野寺五典議員(自民党)の質疑でスッキリ!

「加計問題」について衆議院予算委員会における「閉会中審査」が行われた。

午前中は、自民党(1名)、民進党(2名)の質疑だった。

だが、最初の小野寺五典議員の質疑で、全て「加計問題」はスッキリした。

この問題は、「加計学園の獣医学部(誘致)」に関して、安倍総理から何らかの関与(政治的圧力)があったか?無かったのか?というのが核心であった。

即ち、前川参考人は、「(安倍総理の脳裏は)加計ありき」という印象を持ったといっていた。

しかし、和泉参考人は、次の様に断言した。

「スピード感をもってやるべきなのは、(総理も常々言っている様に)当り前のことである」、しかし、「総理に代って私の口から言う」という事は言っていない」と断言した。

前川氏は、「〈和泉さんの口から)安倍総理という言葉は、出ていない」と言っていた。

という事は、「総理のご意向」であることは、前川氏の想像(あるいは忖度)であることがハッキリした。

これで、私の疑問はスッキリした。

もっと言えば、仮に和泉参考人の記憶が、曖昧で「総理のご意向」という言葉を使ったとしても、それは何の問題もない。

まして、違法性はない。

今までの質疑で、プロセスに「行政が歪められた」という事は、一点の曇りもないということであり、これ以上の事ではない。

====================

|

« 稲田大臣への集団リンチは、卑怯なり! | トップページ | 「安倍批判劇場(激情)」を振り返れば安倍総理は潔白である! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65574551

この記事へのトラックバック一覧です: 小野寺五典議員(自民党)の質疑でスッキリ!:

« 稲田大臣への集団リンチは、卑怯なり! | トップページ | 「安倍批判劇場(激情)」を振り返れば安倍総理は潔白である! »