« 国会中継、国家戦略特区(加計学園)問題の核心 | トップページ | その役割を「反権力」に矮小化する日本のメデイア群 »

2017年7月11日 (火)

反安倍勢力(マスコミ+野党)の頂点で君臨する前川前事務次官

昨日、大阪では『蓮池劇場』が開催されていた。

主役は、捜査中の身である蓮池氏であり、映像を観る限りそれは新喜劇である。

東京では『前川劇場』が開催されていてTV中継されていた。

その主役は、反安倍勢力のヒーローと化した前川前事務次官である。

前川氏は、いまや「加計ありき」「疑惑が深まる」等々示唆するなど、マスコミと野党など反安倍勢力の頂点で君臨する人物である。

前川氏は、相当頭が良い人物だ。

昨日の国会中継は、「平行線に終わった」(田崎史郎)というべきだろう。

平行線というのは、何処までも二線(互いの主張)は交わらないから、安倍総理が出席しても同じ結果(疑惑は残る・・・)に終わる。

「平行線」だと言っても、某コメンテーターが云う様な「誰かが嘘をついている」という訳ではない。

私は、其々の「思い」の中で「誰も嘘をついていない」と思う。

但し、「疑惑は残る…」という事は、「(総理の)説明に納得できない」に結びつく結果になり、安倍総理にとってだけダメージが大きい。

だから、マスコミと野党は、このまま「真相が解明されないまま」であっても、むしろ構わないというのが本音である。

それ故、前川氏は、敢えて次の様に述べている。

「証人喚問があれば応じる」

一方、総理が、如何に丁寧に説明しても、「真相は解明されない」から「納得は得られないまま」に終わる。

従って、「平行線」(田崎史郎)というのが、本質である。

|

« 国会中継、国家戦略特区(加計学園)問題の核心 | トップページ | その役割を「反権力」に矮小化する日本のメデイア群 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65520159

この記事へのトラックバック一覧です: 反安倍勢力(マスコミ+野党)の頂点で君臨する前川前事務次官:

« 国会中継、国家戦略特区(加計学園)問題の核心 | トップページ | その役割を「反権力」に矮小化する日本のメデイア群 »