« ≪漢詩鑑賞≫垓下の歌(項羽) | トップページ | 国会中継、国家戦略特区(加計学園)問題の核心 »

2017年7月 9日 (日)

今や、政府自民党に対抗する権力者=反安倍メデイア

今朝のTBSテレビ(関口宏司会)を観ていると、都議選「自民党大敗」を受けて、なにやら皆嬉しそうだ。

よほど、「自民党大敗」「安倍一強のひび割れ」が嬉しかったのだろう。

民進党の事は、話題にはならず、敗因とされる「THIS is ・・・」について、論評が繰り返えされた。

もうこの話は、クドイほど聞いた。

国政においては、自民党に替る受け皿が無いとしながら、岸井氏は、(自身の希望的観測も含めて)次の様に言った。

自民党は、年内に「大波乱になる」「否、大波乱にならなければならない」と偉そうに語気を荒げていた。

メデイアのコメンテーターの一番気に食わないのは、「個人的な主張」を「国民の考え」にすり替えて喋る事である。

これは、野党の一部にもよくあるロジックだが、私は気に入らない。

自分の意見として言えば良いだけだ。

しかし、自民党は、民進党と違って、学習能力がある。

だから、小池都知事周辺で動きはあっても、岸井氏の予測通りにはならないだろう。

蓮舫民進党では、受け皿にならない事は、誰の目にもあきらかである。

そこに、反安倍メデイアの焦りもある。

反安倍メデイアは、政府自民党に対抗する権力者と化しているが、そこはメデイアであって政治家ではない。

メデイアの驕りである。

|

« ≪漢詩鑑賞≫垓下の歌(項羽) | トップページ | 国会中継、国家戦略特区(加計学園)問題の核心 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65511506

この記事へのトラックバック一覧です: 今や、政府自民党に対抗する権力者=反安倍メデイア:

« ≪漢詩鑑賞≫垓下の歌(項羽) | トップページ | 国会中継、国家戦略特区(加計学園)問題の核心 »