« 今や、政府自民党に対抗する権力者=反安倍メデイア | トップページ | 反安倍勢力(マスコミ+野党)の頂点で君臨する前川前事務次官 »

2017年7月10日 (月)

国会中継、国家戦略特区(加計学園)問題の核心

今日は、終日国会中継を観ていた。

安倍総理が欠席だったが、かえってそれが野党の奇声・野次も少なく、冷静な議論が出来たと思う。

こういうマスコミが話題にする問題は、メデイアの解説を鵜呑みにするのではなく、自分で与野党の質疑を聴いて判断すのが良い。

総じて言える事は、今日の質疑で新たなエビデンスもなく繰り返しに過ぎない。

特に、蓮舫だが、「野次でも無ければ」「審議をストップでもなければ」眠くなるような追及であった。

これでは、安倍総理が出席しても平行線で終わるか、「野次」が増えるか?のどちらかでしかない。

中では、青山繁晴議員(自民)の質疑が核心をついていた。

参考人の加戸元愛媛県知事は、国家戦略特区として加計学園が四国に誘致される経緯を、獣医学部の国家戦略上の必要性を訴えていた。

正しく、一点の曇りもない正論だった。

一方の参考人である前川前文科事務次官は、『天下り問題』で引責退官してから、安倍政権に反抗しているが、その姿を観ると姑息であり、卑怯である。

加戸氏は、文科省出身官僚で、前川氏の大先輩だが、次の様に「面従違背」の前川氏を批判していた。

私は、寂しい思いがする。

霞が関には、それなりの文化があった。

各省庁間で、意見の対立する事はよくある事で、喧々諤々の議論をしたものだ。

しかし、一旦決まると、お互い酒を酌み交わし、まとまる。

それが、霞が関文化だった。

しかし、今はそれが無い。

私は、寂しい思いがする。

======================

夕方の、TBSニュース、テレビ朝日ニュースでは、青山繁晴さん(自民党)の議論は、全てカットされていた。

まるで、前川氏の自己弁護ニュースだった。

|

« 今や、政府自民党に対抗する権力者=反安倍メデイア | トップページ | 反安倍勢力(マスコミ+野党)の頂点で君臨する前川前事務次官 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65517607

この記事へのトラックバック一覧です: 国会中継、国家戦略特区(加計学園)問題の核心:

« 今や、政府自民党に対抗する権力者=反安倍メデイア | トップページ | 反安倍勢力(マスコミ+野党)の頂点で君臨する前川前事務次官 »