« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月29日 (土)

≪漢詩鑑賞≫飲酒(陶淵明)

猛暑が続く。

天気予報では、南の海で台風が発生していて、来週は日本列島に影響を及ぼすことが、心配だ。

今週は、国会閉会中審査で、党利党略の「加計問題」などが「水掛け論」が繰り返された。

陸自の日報問題では、稲田防衛大臣が防衛省・自衛隊を統率できず辞任した。

一方、民進党の蓮舫氏が党内対立を原因として代表辞任した。

今日は、土曜日。

久しぶりに、政治を忘れて『陶淵明の世界』に浸りたい。

☆……☆……☆……☆……☆……☆

Insyu


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月28日 (金)

首相官邸・防衛省からの「非公開情報」の漏えいこそが大問題

「加計問題」「防衛省の日報問題」の野党追及を聴いていて、「違う!」と思った。

先ず、今治市の職員が首相官邸で首相補佐官を面談したという件である。

元首相補佐官が、見事に・・・「私の記憶にない」と連発していた。

桜井充議員(民進党)が、「記憶がない筈がない」「官邸の出入記録がある筈だ」と迫ったのに対して、この首相補佐官は、最後まで「記憶にない」と押し通した。

首相補佐官は今治市の職員と「面談」したことは、(大勢の官邸記者が見ているので)事実だろうと私は思う。

だから、「(法的責任を問われない)記憶にない」と、言ったのである。

しかし、それは隠密であって、「公開」情報ではない。

それ故、「官邸の出入記録」も残さない。

元首相補佐官は、立派な官僚であり、官邸のセキュリテイは保たれていると感じた。

この問題は、「国民の知る権利」の及ばない非公開情報であり、「加計問題の核心」ではない。

次に、防衛省・陸上自衛隊の「南スーダン日報」問題である。

私は、最も深刻に思ったのは、「文書の隠蔽」という事ではない。

この問題がマスコミにリークされたことを発端として、「戦闘云々・・・」と野党によって政治利用され事。

「メモ端」に至るまで、克明な内部情報が漏えいした事である。

これは、防衛省であるだけに、文科省(前川事務次官)のメモ情報の漏えいの比ではない。

その意味(=情報漏えい)では、結果として情報統制できなかった稲田防衛大臣の辞任は国益上当然である。

米国・中国・ロシア・韓国などの諸外国と比べて、日本国政府には、(CIAなどの)情報機関がないから、「情報の共有」が不可能であり、日本の安全保障上問題である。

それ故、朝鮮半島有事の際、拉致被害者の救出作戦も、米国に頼るしかないのが悲しい現実である。

最高の国家機密を扱う・・・首相官邸・防衛省からの非公開情報の漏えいこそが大問題である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い?~今井絵理子議員が可哀想・・・

ここまで来ると、「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」の譬え通りだ。

坊主とは安倍晋三総理で、袈裟とは今井絵理子参議院議員である。

朝からTBSでは、週刊誌ネタを元に、「今井絵理子議員不倫バッシング」を始めている。

マスコミは、どんな独裁者よりも恐ろしい。

今井議員をワザワザ「安倍チルドレン」と呼ぶなど、「マスコミの政治的意図」を、私は感じる。

神戸市議の若い男性と仲良く手をつないだまま新幹線の中で爆睡している今井議員の盗撮写真がスクープされている。

写真を見る限り、二人の間には深い信頼感があり、今井さんはこの男性に対して「恋愛感情」があるのだろう。

私には、「悲しくも美しい」写真に見える。

「恋愛感情」をシングルマザーである今井絵理子議員が持つことは、何ら非難される事ではないし、今井さんは、何の罪も犯していない。

これが、何故、「わきが甘い」「子供がいながら」などと、批判されなければならないのか?

もし、「わきが甘い」とすれば、離婚調停中だったとはいえ男性市議の方にあるのかもしれない。

例の豊田真由子議員の「バカヤロー、このハゲー」との暴言スキャンダルとは全く異質である。

「恋愛感情」まで非難される今井絵理子さんが可哀想だ。

頑張れ!今井絵理子さん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月26日 (水)

「安倍批判劇場(激情)」を振り返れば安倍総理は潔白である!

◆安倍総理は潔白であった!

森友~加計と続いた「総理批判劇場」は、昨日の参議院予算委員会をもって幕を閉じた。

あの喧騒は、一体何だったのか?

二日間の閉会中審査でハッキリした事は、事実として「安倍総理は潔白である」という事ではないか?

◆違法性も無く、疑惑だけが独り歩き

元々、何の客観的「証拠」も無く、「疑惑」だけが先行したものであった。

マスコミ・野党は、「真実の解明」と言うが、そうではない。

政治的な意図(=安倍政権打倒)が明白であった。

従って、「総理の疑惑」は「疑惑」の域を出ず、違法性とは無関係なモノばかりだった。

◆前川氏の個人的想像・妄想から始まった

『文書・メモ』のマスコミへのリークと、前川氏の個人的な想像・妄想(=安倍総理の関与)から始まったものに過ぎなかった。

二日間の閉会中審査を、私は清聴した。

その結果、事実として、「安倍総理から直接、加計学園に関する意向・指示の言葉、あるいは、それを示唆する話は、誰一人として(前川氏も含めて)聞いていないのである。

◆小野寺議員と青山議員の質疑で十分わかった

小野寺五典議員と青山繁晴議員の質疑によって、「真相」が見えたのである。

小野寺・青山両先生の論点を整理し、核心を突く質疑は、素晴らしいものだった。

安倍総理も二日間、冷静に丁寧に答弁した。

一方の民進党は、中味の無いエキセントリックなものだった。

◆出て行け!はないだろう

蓮舫のエキセントリックな質問は、想定内の事だったが、桜井充議員の威圧的で、エキセントリックな質問には、意外な事に見えた。

桜井議員は、山本大臣(国家戦略特区担当)が、答弁に立つと、「出ていけ!」と怒鳴り散らした。

山本大臣は、予算委員長(山本一太)の指名で答弁したものである。

少し前に、記者の挑発的な質問に対して、「出て行きなさい!」と言って更迭された某大臣がいたが、桜井議員の「出て行け!」という発言は、あの発言以上に暴言である。

◆山本一太委員長は、野党に迎合しすぎ!

更に、桜井議員は「・・・小さな問題とは何事か!聞き捨てならぬ!」と噛みつき、野党理事が委員長席に詰め寄った。

しかし、私はハッキリ聴いている。

山本大臣は、「・・・小さな問題」ではなく、「そのような細かい問題については、総理ではなく私から答弁します」と言っている。

これは、言った言わないではなく、桜井議員が余りにも興奮しすぎて「山本大臣の答弁」を聞き違えたという事に過ぎない。

しかし、何故か?山本一太予算委員長は、山本大臣に対してのみ「言葉には気を付けるように」という注意をしただけで、一方の桜井議員の暴論に対しては、お咎め無しである。

このような、山本一太委員長の、議事運営に関して私は、強い疑問を感じる。

◆兎も角、「総理批判劇場(激情)」は終わった

マスコミ・野党は、「疑惑が解明されず」「欲求不満が残った」と昨夜からコメントしている。

しかし、総理は全ての質問について、丁寧に答えている。

一方、マスコミ・野党は、『内閣支持率の急落』という、思いがけない得点を稼ぐことができた。(残ったのは、国民の「政治不信」という空気である)

当初の、政治的目的を果たしたのだから、マスコミ・野党は「満足」だろう。

従って、余程のことが起こらない限り、「総理批判劇場」は、終わりにしてほしい。

◆拉致被害者の救出を!

青山繁晴議員の主張は素晴らしかった。

緊迫する朝鮮半島情勢を踏まえて、日本人拉致被害者全員を救出すべき具体策について、進めて欲しい。

頑張れ!安倍総理!

==================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

小野寺五典議員(自民党)の質疑でスッキリ!

「加計問題」について衆議院予算委員会における「閉会中審査」が行われた。

午前中は、自民党(1名)、民進党(2名)の質疑だった。

だが、最初の小野寺五典議員の質疑で、全て「加計問題」はスッキリした。

この問題は、「加計学園の獣医学部(誘致)」に関して、安倍総理から何らかの関与(政治的圧力)があったか?無かったのか?というのが核心であった。

即ち、前川参考人は、「(安倍総理の脳裏は)加計ありき」という印象を持ったといっていた。

しかし、和泉参考人は、次の様に断言した。

「スピード感をもってやるべきなのは、(総理も常々言っている様に)当り前のことである」、しかし、「総理に代って私の口から言う」という事は言っていない」と断言した。

前川氏は、「〈和泉さんの口から)安倍総理という言葉は、出ていない」と言っていた。

という事は、「総理のご意向」であることは、前川氏の想像(あるいは忖度)であることがハッキリした。

これで、私の疑問はスッキリした。

もっと言えば、仮に和泉参考人の記憶が、曖昧で「総理のご意向」という言葉を使ったとしても、それは何の問題もない。

まして、違法性はない。

今までの質疑で、プロセスに「行政が歪められた」という事は、一点の曇りもないということであり、これ以上の事ではない。

====================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月23日 (日)

稲田大臣への集団リンチは、卑怯なり!

今朝、『時事放談』(TBS)で、村上氏(自民党)が自民党安倍政権への批判、就中、稲田防衛大臣への批判を強めていた。

殆ど「防衛大臣としての資質が無い」「即刻、解任すべき」「問答無用」という内容である。

マスコミ報道を観ると、どれも同じ・・・。

稲田大臣は、四面楚歌である。

安倍内閣への批判は、稲田防衛大臣への批判に集中している。

まるで、稲田大臣への集団リンチの様相である。

私自身は、稲田氏が、防衛大臣に適任かどうか?については、評価は必ずしも高くはない。

しかし、集団でリンチを受けるような間違いを犯しているとは思えない。

例えば、都議選の応援演説で、「自衛隊としても・・・応援する」というセリフは、不適切であるが、選挙応援中の事でもあり、「大臣辞任」ほどの事ではない。

また、九州災害中に大臣他政務三役が「不在」だったことも、これは稲田大臣が悪いというより、大臣の公務日程を管理する秘書の責任が大きい。

最近、また南スーダンの「日報」問題で、陸自幹部は「大臣には(文書はあると)報告していた」と、朝日・毎日・東京新聞にリークしている。

稲田大臣は「隠ぺい指示」をキッパリ否定している。

以上の経過を見れば、稲田大臣による文民統制(シビリアンコントロール)が機能していない事は想像できる。

これは、稲田氏が防衛大臣に適任かどうか?以前に、自衛隊という武士の集団(実力部隊)のトップに、か弱き女子(おなご)が相応しいかどうかという問題がある。

これは、法律の問題ではない。

粗野な武士たちが抱く、「心根」の問題であった。

小池百合子防衛大臣の時もそうだったが、「大相撲の土俵には女性は上がらない」と同じように、「防衛大臣には女性は就任しない・就任するべきではない」が、制服組には根強くあった。

稲田大臣が、現場にハイヒールで来たことが非難されていたが、これも秘書が事前に配慮すべき事である。

「防衛大臣には女性は就任しない・就任するべきではない」という気持ちは、命を張って国を守る武士たちの粗野ではあるが、優しい「心根」である。

しかし、稲田氏としては、大臣に任命された以上、その職を全うしようとしたのは政治家として当然である。

そう考えれば、今までは、野党やマスコミによる「稲田大臣への批判」だったが、今は、その批判集団に、陸自が加わっているようで、気持ち悪い。

新聞社にリークするなど陸自は、大臣に対して、「反旗」を翻している。

自衛隊は、どうしてしまったのか?

自衛隊は、粗にして野だが、卑ではなかった筈だ。

稲田大臣への集団リンチは、卑怯なり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

「国民の声」という虚構を叫ぶのは止めて欲しい!

言論の自由が保証された日本国の政党だから、野党或いは少数派と言えども「反対意見」は、あっていい。

だが、それは「わが党の意見」或は「私個人の意見」というべきだ。

だが、民進党の山井国対委員長などは、時折、自身の考えを、「国民が・・・」と、主語を置き換えて発言する。

これは、どうも、納得がいかない。

まるで、山井氏が「国民の声」を代弁しているかのような言い草である。

次に、最近、安倍総理を事あるごとに「批判」しているのが自民党・石破議員。

彼は、「どんな野党の辛辣な質問でも、背後には国民がいる」と思って、安倍総理は謙虚に答弁すべきだ」と言っていた。

この石破氏の「ご意見」は、意味不明だ。

「野党の背後には、国民がいる」というが、そこで、「国民が・・・」を持ち出すのは欺瞞であり、身勝手な理屈である。

「国民が・・」安倍総理の言動を注視しいるのは事実だが、政治家に対して審判を下すのは、選挙によってのみである。

石破氏の「御意見」は、余計な事である。

野党であれ与党であれ、政治家が「国民の声」を代弁しているかのような発言は慎むべきである。

もう一つ。

自民党憲法調査会・船田元氏が、「支持率低迷」を理由に、憲法改正案の提案は見送ると言っているらしい。

これもまた、「国民の声」を持ち出している。

憲法改正は、出来るだけ早く決めることが必要であって、支持率で決める事ではない。

船田氏は、憲法改正をやる気はないのか?

自民党の信頼回復のためには、堂々と「憲法改正」の議論を喚起することではないか。

最期に、もう一つ。

政府(菅官房長官・稲田防衛大臣など)を追及するマスコミ・メデイアの記者の「発言」が、ケンカ腰である。

その背景には、「私は、国民の声を代弁している」という驕った視線がある。

しかし、それは、事実誤認であり、大きな錯覚である。

もう「国民の声」という虚構を叫ぶのは止めて欲しい。

=====================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月20日 (木)

蓮舫は経歴詐称で、議員辞職しなさい!≪続≫

こんな事があって良いのか?

蓮舫「二重国籍」釈明会見から、2晩経過した。

だが、殆どのメデイアは、この問題を報道していない。

僅かに、蓮舫の言い訳を切り取って放映するのと、「差別を助長しかねない」という一部の論評を紹介して終わりである。

二重国籍ニュースは、明確な「法律違反」であるにも関わらず、マスコミ・メデイアは不問の立場(スルー)である。

このようなマスコミ・メデイアによる情報統制は、異様である。

それに代わるように、稲田防衛大臣の報告書「疑惑」報道が、トップ・ニュースになっている。

メデイア報道では、「事実」よりも、「疑惑」が優先するらしい。

今朝、堀潤氏の『モーニング・クロス』という番組をみていたら、ようやく「蓮舫会見ニュース」について扱っていた。

しかし、某コメンテーターは、「被差別部落の問題」を例に上げて、「戸籍の開示は差別の助長に繋がる」、「国籍で政治信条が決まったものではない」「日本人だって、バカな奴がいる」などと、頓珍漢な事を言っていた。

どうやら、メデイアは、「差別」「信条」「多様性社会」の問題にすり替えようとしている。

そういう問題ではない。

①「(同じ日本国民である)被差別部落問題」と、蓮舫氏の2重国籍は、何の関係もない。

②「国籍で政治信条が決まったものではない」のは、その通りだが、この問題は、蓮舫氏の法律違反(事実)という問題である。

堀潤氏は、「議論をすることは良い事だ」といっていたが、番組全体の主張は偏向しまくっていた。

大手メデイアでは、偏向はおろか、『話題』にすら登場していない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月19日 (水)

蓮舫は経歴詐称で、議員辞職しなさい!

昨日、蓮舫氏の記者会見を、全部見た。

ハッキリした事は、蓮舫氏が国会議員に立候補した当時、及び民主党政権時代に国務大臣だった頃、野党第一党の党首になった頃は、「二重国籍だった」という事である。

さらに、蓮舫氏が何度も「ウソを言った」という事である。「知りませんでした」というのは、一般論として、法律違反という事実を否定するものではない。

①(政治家になってからも)二重国籍だった

②(政治家になってからも)ウソを言った

この二つは、紛れもない事実であり、これだけで、蓮舫氏は政治家として失格である。

即刻、議員辞職し、改めて次の選挙に立候補して国民の信を問うか、それとも国籍を問われない・嘘をついても非難されない「タレント」などの活動に転向すべきだ。

これは、差別や人格攻撃ではないのだよ!

日本の政治は、「外国人が参政できる」ものではなく、日本人の手によって担わなければならない。

「外国人参政権」を蓮舫氏は主張しているのだが、今の日本では「外国人参政権」は認められてない。

それは、「多様性」の否定でも、「外国人」の差別でもない。

潔く、罪を認めて議員辞職することが、政治家・蓮舫の「将来の為」でもあり、日本に住む多くの善良な「外国人」の為でもあるんだよ!

蓮舫氏は経歴詐称で、即刻議員辞職しなさい!

=======================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月17日 (月)

あれだけ「安倍嫌い」キャンペーンを繰り返せば、世論も洗脳されるが・・・頑張れ!安倍総理!

内閣支持率が軒並みに低下していて、不支持率と逆転している。

支持率が30%を切ると、「危険水域」と言われている。

この世論調査に歓喜して、どのTVメデイアでも、「反安倍」コメンテーターを総動員して、「安倍総理批判」を展開している。

どれも意見は同じで、「安倍総理擁護」の意見は皆無である。

この「安倍批判」で盛り上がるTV現象は、異常に思う。

コメンテーターの解説では、内閣支持率の低下というより、安倍総理「個人を嫌い」という現象だそうだ。

政策の問題ではないらしい。

「強引な国会運営」「説明責任を果たさない」等というTVメデイアの印象操作が、相当効いているようだ。

たしかに、あれだけ「安倍嫌い」キャンペーンを繰り返せば、世論も洗脳されるだろう・・・。

今は、何をやっても特効薬はない。

こういう苦しい時こそ、寧ろ自民党の主張を真っ向から説明し、民進党など無責任野党との違いを明確にすることである。

その是非を判断するのは、メデイアではない。有権者である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月16日 (日)

片山善博氏の安倍潰し4条件

最近、片山善博氏が頻繁にテレビ出演している。

片山氏は、プロフィールによれば、自治省出身の元鳥取県知事で、「改革派」と呼ばれていて民主党政権時代には閣僚(確か?総務大臣)を務めた人物である。

どこが「改革派」と言われる所以か?

よく知らないが、テレビでは、中立の立場を装いながら安倍批判を繰り返している反安倍の論客である。

今朝の『新報道2001』(フジテレビ)は、珍しく、「反安倍大合唱」だった。

その中で、片山氏は、偽善者よろしく、「安倍さんの為」「政権支持率回復の為」と称して、次の様に、(安倍さんがすべき)4条件を提案していた。

①加計学園誘致を白紙撤回する事

②反対派(村上氏など)を内閣に取り込む事

③菅官房長官との距離をとる事

④憲法改正を急がない事

しかし、この4条件を安倍総理が実施しても、支持率は回復しない。

むしろ、安倍さんが安倍さんでなくなる。

そもそも、

①加計誘致を白紙撤回する事など、安倍総理の「独断」で出来るはずがない。

②反対派を取り組めば、内閣不一致をきたし内閣が機能しなくなる。

③菅官房長官があってこその安倍内閣である。

④憲法改正は、安倍さんの考えではなく、自民党の党是である。

この片山4条件は、悪意ある提案としか言いようがない。

私は、政治家・安倍晋三を支持するが、だからと言って、丁寧な説明以外に、支持率回復の為に、何をやっても良いわけではない。

その時は、支持率が下がっても、やがて歴史が審判するだろう。

偽善者・片山善博氏による、姑息な「安倍潰し4条件」である。

======================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月13日 (木)

その役割を「反権力」に矮小化する日本のメデイア群

加計問題で、国会中継がある前日まで、メデイア各局は、「この、ハゲー」といった豊田議員(自民党)の秘書を罵倒する録音が、繰り返し流されていた。

加計問題で、国会中継があった翌日は、メデイア各局は、TBS・テレビ朝日を中心に、「疑惑は深まった」「総理の説明責任」キャンペーンを繰り返した。

しかし、昨日あたりから、女優松居一代のドロドロ離婚劇の(少し恐ろしい)名演技が、繰り返し流されていた。

安倍総理の九州被災地訪問のニュースがあったが、特にコメントはない。

今日はも、メデイア各局は女優松居一代がメインであった。

今になって冷静に観れば、安倍内閣の支持率が急降下したとはいえ、まだ30%台の支持率である。

逆に、受け皿となる野党第一党の民進党が、一桁台の政党支持率で低迷し、党首・蓮舫の責任が問われている。

メデイアは報道しないが、「二重国籍疑惑」の蓮舫が戸籍を明らかにする云々の発言を巡って民進党内で深刻な対立があるという。

だが、メデイアはほとんど報道しない。(国会議員の国籍問題は、アンタッチャブルなのか?)

色々な問題の根底には、日本のメデイア群の「歪んだ考え」がある。

ジャーナリストを自称する人たちは、メデイアの役割を「権力の(暴走を)チェックする事」だという。

私は、メデイアの役割は、「真実をありのままに(加工しないで)報道する事」だと思っている。

真実とは、メデイアにとっても不都合な真実も含む。

「真実は何か?」を判断するのは、報道を視聴する民衆であって、メデイアではない。

ところが、最近のメデイアは「反権力」の美名の下、常連のコメンテーターによって「解説」を加え、本質を矮小化している。

日本のメデイア群は、不都合な真実を報道せず、為にする報道ばかりである。

=================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月11日 (火)

反安倍勢力(マスコミ+野党)の頂点で君臨する前川前事務次官

昨日、大阪では『蓮池劇場』が開催されていた。

主役は、捜査中の身である蓮池氏であり、映像を観る限りそれは新喜劇である。

東京では『前川劇場』が開催されていてTV中継されていた。

その主役は、反安倍勢力のヒーローと化した前川前事務次官である。

前川氏は、いまや「加計ありき」「疑惑が深まる」等々示唆するなど、マスコミと野党など反安倍勢力の頂点で君臨する人物である。

前川氏は、相当頭が良い人物だ。

昨日の国会中継は、「平行線に終わった」(田崎史郎)というべきだろう。

平行線というのは、何処までも二線(互いの主張)は交わらないから、安倍総理が出席しても同じ結果(疑惑は残る・・・)に終わる。

「平行線」だと言っても、某コメンテーターが云う様な「誰かが嘘をついている」という訳ではない。

私は、其々の「思い」の中で「誰も嘘をついていない」と思う。

但し、「疑惑は残る…」という事は、「(総理の)説明に納得できない」に結びつく結果になり、安倍総理にとってだけダメージが大きい。

だから、マスコミと野党は、このまま「真相が解明されないまま」であっても、むしろ構わないというのが本音である。

それ故、前川氏は、敢えて次の様に述べている。

「証人喚問があれば応じる」

一方、総理が、如何に丁寧に説明しても、「真相は解明されない」から「納得は得られないまま」に終わる。

従って、「平行線」(田崎史郎)というのが、本質である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月10日 (月)

国会中継、国家戦略特区(加計学園)問題の核心

今日は、終日国会中継を観ていた。

安倍総理が欠席だったが、かえってそれが野党の奇声・野次も少なく、冷静な議論が出来たと思う。

こういうマスコミが話題にする問題は、メデイアの解説を鵜呑みにするのではなく、自分で与野党の質疑を聴いて判断すのが良い。

総じて言える事は、今日の質疑で新たなエビデンスもなく繰り返しに過ぎない。

特に、蓮舫だが、「野次でも無ければ」「審議をストップでもなければ」眠くなるような追及であった。

これでは、安倍総理が出席しても平行線で終わるか、「野次」が増えるか?のどちらかでしかない。

中では、青山繁晴議員(自民)の質疑が核心をついていた。

参考人の加戸元愛媛県知事は、国家戦略特区として加計学園が四国に誘致される経緯を、獣医学部の国家戦略上の必要性を訴えていた。

正しく、一点の曇りもない正論だった。

一方の参考人である前川前文科事務次官は、『天下り問題』で引責退官してから、安倍政権に反抗しているが、その姿を観ると姑息であり、卑怯である。

加戸氏は、文科省出身官僚で、前川氏の大先輩だが、次の様に「面従違背」の前川氏を批判していた。

私は、寂しい思いがする。

霞が関には、それなりの文化があった。

各省庁間で、意見の対立する事はよくある事で、喧々諤々の議論をしたものだ。

しかし、一旦決まると、お互い酒を酌み交わし、まとまる。

それが、霞が関文化だった。

しかし、今はそれが無い。

私は、寂しい思いがする。

======================

夕方の、TBSニュース、テレビ朝日ニュースでは、青山繁晴さん(自民党)の議論は、全てカットされていた。

まるで、前川氏の自己弁護ニュースだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

今や、政府自民党に対抗する権力者=反安倍メデイア

今朝のTBSテレビ(関口宏司会)を観ていると、都議選「自民党大敗」を受けて、なにやら皆嬉しそうだ。

よほど、「自民党大敗」「安倍一強のひび割れ」が嬉しかったのだろう。

民進党の事は、話題にはならず、敗因とされる「THIS is ・・・」について、論評が繰り返えされた。

もうこの話は、クドイほど聞いた。

国政においては、自民党に替る受け皿が無いとしながら、岸井氏は、(自身の希望的観測も含めて)次の様に言った。

自民党は、年内に「大波乱になる」「否、大波乱にならなければならない」と偉そうに語気を荒げていた。

メデイアのコメンテーターの一番気に食わないのは、「個人的な主張」を「国民の考え」にすり替えて喋る事である。

これは、野党の一部にもよくあるロジックだが、私は気に入らない。

自分の意見として言えば良いだけだ。

しかし、自民党は、民進党と違って、学習能力がある。

だから、小池都知事周辺で動きはあっても、岸井氏の予測通りにはならないだろう。

蓮舫民進党では、受け皿にならない事は、誰の目にもあきらかである。

そこに、反安倍メデイアの焦りもある。

反安倍メデイアは、政府自民党に対抗する権力者と化しているが、そこはメデイアであって政治家ではない。

メデイアの驕りである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 5日 (水)

≪漢詩鑑賞≫垓下の歌(項羽)

項羽は、劉邦と天下をかけて戦う。

項羽は、軍事的な優位、幾度かの圧倒的な勝利にもかかわらず劉邦の計略に落ちて最期を迎える。

負けん気の天才・項羽は、四面楚歌(取り囲んでいるのが自分の楚の国の人だった)を聞いてがっがりする。

だが、現実を認めたくない。

こんなことがあってよいものか、「時利あらず」にはそんな狼狽が込められている。

☆……☆……☆……☆……☆……☆

Gaikanouta_2


力山を抜き気世を蓋(おお)

時利あらず騅(すい)(ゆ)かず

騅の逝かざる奈何(いかん)すべき

(ぐ)や虞や若(なんじ)を奈何せん

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

「反安倍無罪」の風潮

テレビの報道番組を観ていると、どれも皆、「反安倍」「反自民」の合唱だった。

数年前の中国本土による「反日無罪」という日本企業への暴動・略奪を思い出す。

中国では、どんなに悪い事でも、「反日」という名の下に許された。

今回の都議会選挙戦で、安倍総理の街頭演説を大声でシュプレヒコールをあげて妨害したが、メデイアは批判しない。

むしろ逆に、「あのような連中…」と言って批判した安倍総理を、メデイアは「傲慢だ」と言って批判している。

出演しているコメンターターは、「有権者はお灸を据えたのに、(安倍さんは)国民?の気持ちを分かっていない」などと得意げに(嬉しそうに)話していた。

「反安倍無罪」の風潮は、メデイアの扇動で広がっている。

安倍総理、麻生副総理、菅官房長官が、選挙開票日の夜、(ファミレスではなく)高級フランス料理店で会食した事も批判されている。

高級フランス料理店で食事した事が、批判されるとは、なんと心が狭い日本人か?(いや、日本人でないかも知れないが・・・)

菅官房長官は、会見で安倍総理の街頭演説内容について訊かれたが、「政府としての考えでない」と淡々と答えた。

その通りである。

更に「(あのような連中・・・)発言を撤回するつもりはないか?謝罪する気持は?という質問に、きっぱり答えた。

「(選挙期間中の)発言は自由です」「ハイ…次」

何か・・・異様な「反安倍無罪の風潮である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 3日 (月)

「反安倍過激派」の選挙妨害

都議選の結果は、都民ファーストの圧勝、自民党の大敗北だった。

原因は、色々あるだろうが、自民党はこれを機に、謙虚に反省し、立て直しを図って欲しい。

民進党は、都議会第5党に落ちたが、話題にもならない。

ところで、安倍総理の演説の最中、動員された「反安倍過激派」の選挙妨害があった。

野次程度なら、まだ許されるが、大きな旗・プラカードを持ち出して、「安倍やめろ!」「安倍帰れ!」を組織的に連呼していた。

このような風景は、国会周辺ではよく見られた。

実態は「反安倍過激派」(市民グループ?)である。

しかし、安倍総理が憎くても、あのような公職選挙法に基づく街頭での演説を、妨害する行為は、誰がなんと言おうと良くないと思う。

公職選挙法では、選挙期間を定め、誰でも自由に主張を述べることできる。

即ち、街頭討論会ではない。

明らかに「反安倍過激派」による選挙妨害であり、民主主義への挑戦である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »