« 菅官房長官を執拗に「誹謗」「挑発」する記者 | トップページ | 加計問題は、法と証拠を超えた政治的想像力の葛藤である »

2017年6月10日 (土)

≪漢詩鑑賞≫五言絶句の名作七選

① 春暁(孟浩然)

春眠不覚暁  春眠(しゅんみん)(あかつき)を覚えず

處處聞啼鳥  処処啼鳥(ていちょう)を聞く

夜来風雨聲  夜来(やらい)風雨の声

花落知多少  花落つること知んぬ多少ぞ

② 鶴鵲楼(かんじゃくろう)に登る(王之渙おうしかん

白日依山盡  白日山に依りて尽き

黄河入海流  黄河海に入って流る

欲窮千里目  千里の目を窮めんと欲し

更上一層楼  更に上る一層の楼

③  鹿柴(ろくさい)(王維)

空山不見人  空山人を見ず

但聞人語響  但だ人語の響(ひびき)を聞く 

返景入深林  返景深林の入り

復照青苔上  復た照らす青苔(せいたい)の上

④  静夜思(せいやし)(李白)

牀前看月光  牀前月光を看る

疑是地上霜  疑うらくは是れ地上の霜かと

挙頭望山月  頭を挙げて山月を望み

低頭思故郷  頭を低(た)れて故郷を思う

⑤  絶句(杜甫)

江碧鳥逾白  江碧にして鳥逾(いよいよ)白く

山青花欲然  山青くして花燃(も)えんと欲す

今春看又過  今春看(みすみす)又過ぐ

何日是帰年  何れの日か是れ帰年ならん

⑥  江雪(柳宗元)

千山鳥飛絶  千山鳥飛ぶこと絶え

萬徑人蹤滅  万径(ばんけい)人蹤(じんしょう)滅す

孤舟蓑笠翁  孤舟蓑笠(さりゅう)の翁

獨釣寒江雪  独り釣る寒江の雪

⑦ 胡隠君を尋ぬ(高啓)

渡水復渡水  水を渡り復た水を渡り

看花還看花  花を看還た花を看る

春風江上路  春風江上の路

不覚到君家  覚えず君が家に到る

|

« 菅官房長官を執拗に「誹謗」「挑発」する記者 | トップページ | 加計問題は、法と証拠を超えた政治的想像力の葛藤である »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65392694

この記事へのトラックバック一覧です: ≪漢詩鑑賞≫五言絶句の名作七選:

« 菅官房長官を執拗に「誹謗」「挑発」する記者 | トップページ | 加計問題は、法と証拠を超えた政治的想像力の葛藤である »