« ≪漢詩鑑賞≫金州城下の作(乃木希典) | トップページ | 「反安倍過激派」の選挙妨害 »

2017年6月23日 (金)

韓国・文政権の妄言

北朝鮮当局に拷問を受けていた米国人青年が、解放後亡くなった。

トランプ大統領は、北朝鮮を非難した。

当然だがトランプ氏だけでなく、米国国民の「極悪非道な北朝鮮に対する怒り」は高まっている。

この「怒り」は、罪もない日本人を拉致し40年以上も拘束している北朝鮮に対して、日本人が普通に持つ感情と同じである。

国際世論も目を覚ます傾向にある。

そのような北朝鮮に対して、韓国の文政権は、妄言を放っている。

9ケ月後に予定されている平昌(ピョンチャン)五輪を、「同じ民族だから」「平和の祭典だから」という理由で南北共同開催を提唱している。

何という妄言か!

「資金が枯渇しつつある」北朝鮮にとっては、「外貨獲得」が死活的に必要である。

その為に、制裁を継続しているのに、北朝鮮でオリンピック競技を開催すれば、その「外貨」資金が核やミサイルの資金に転化されるだけである。

北朝鮮に対する「融和政策」は、何度も繰り返し失敗していて、北朝鮮の独裁政権を補完する役割だけであった。

「同じ民族だから」「平和の祭典だから」とは、許し難い妄言である!

==========================

|

« ≪漢詩鑑賞≫金州城下の作(乃木希典) | トップページ | 「反安倍過激派」の選挙妨害 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65446604

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国・文政権の妄言:

« ≪漢詩鑑賞≫金州城下の作(乃木希典) | トップページ | 「反安倍過激派」の選挙妨害 »