« 民進党よ!安倍総理を追及するんなら、法と証拠を示しなさい!! | トップページ | 民進党の凋落ぶりは酷い! »

2017年5月20日 (土)

≪漢詩鑑賞≫詠懐詩(阮籍)

作者の阮籍(げんせき)は、魏の詩人。

竹林の中で清談を交わしたとされる、所謂「竹林の七賢」の領袖である。

阮籍が生きた時代は、名士が権謀術策に落ちて命を失う事も多かった。

大酒飲みだが、人に阿(おもね)らず、世を超越していたのは、阮籍の処世術であったのかも知れない。

この詩は、高士の孤独と憂鬱を詠っている。

✰・・・・・☆……☆……☆……☆……☆

詠懐詩(えいかいし)

夜中不能寐  夜中寐(い)ぬる能わず

起坐弾鳴琴  起坐(きざ)して鳴琴(めいきん)を弾(だん)

薄帷鑑明月  薄帷(はくい)に明月鑑(て)

清風吹我襟  清風我が襟を吹く

孤鴻號外野  孤鴻(ここう)外野に号(さけ)

朔鳥鳴北林  朔鳥(さくちょう)北林に鳴く

徘徊将何見  徘徊して将(は)た何をか見る

憂思獨傷心  憂思(ゆうし)して独り心を傷ましむ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夜もふけたが、どうにも寝つかれない。

起きて床の上に座り、琴を弾く。

薄いカーテン(薄帷)に、明るい月の光が差し込み、

清々しい風が、私の襟のあたりを吹きすぎてゆく。

外の荒れ野では、一羽の大きな雁が、悲しげな鋭い声をあげた。

北の林では、おびただしい雁の群れが、騒がしく鳴きわめく。

外へ出て歩き回り、何を見ようか。語るべき友もいない。

憂いの思いに沈み、ひとり寂しくなる。

=====================

|

« 民進党よ!安倍総理を追及するんなら、法と証拠を示しなさい!! | トップページ | 民進党の凋落ぶりは酷い! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65304256

この記事へのトラックバック一覧です: ≪漢詩鑑賞≫詠懐詩(阮籍):

« 民進党よ!安倍総理を追及するんなら、法と証拠を示しなさい!! | トップページ | 民進党の凋落ぶりは酷い! »