« 反教育勅語キャンペーンは、現代版「焚書坑儒」事件 | トップページ | 長島議員、民進党離党の意義とは? »

2017年4月10日 (月)

北朝鮮Ⅹデーに備えて

北朝鮮の現実的脅威は、エスカレートしている。

だが、その割には、日本の政治家も、悠長に構えていたように思う。

野党の国会質疑は、「森友学園」疑惑問題に集中し、「100万円」を渡した?渡さなかった?という総理夫人の「道義上」の責任追及(証人喚問)に時間を割いていた。

メデイアも、ワイドショーで連日取り上げ、「視聴率競争」に興じていた。

だが、今の野党には、「真実」を探求し、「不正を正す」だけの力量・見識は無い。

・・・それ故、「ネタ」キレの感があった。

米中首脳(トランプ大統領vs習主席)会談の晩餐会の終わり頃、米軍によるシリア(アサド政権)空爆のニュースが飛び込んだ。

「化学兵器を使用した」事に対する、トランプの強い意思表示であり、それは北朝鮮を想定した警告である事は間違いない。

トランプは、オバマと違って、やるべき時にはやる。

安倍総理は、直ちに「米国の強い意思」に対して、「理解」を示した。このタイミングで、このコメントは、見事である。

日曜日の『サンプロ』(TBS)で、関口宏が「北朝鮮をあまり刺激してはいけない・・・」とボソボソ呟いていたが、頓珍漢である。

トランプ大統領と、安倍総理が綿密に連絡を取っていた。日米同盟は、十分に機能しているようだ。

少なくとも、「森友問題」で国会質疑が集中している間も、安倍総理と日本政府は、日本国と日本国民を守るために、細心の注意を払っていた筈だ。

我が国の総理大臣は、誠に頼もしい政治家である。

ここにきて、北朝鮮Ⅹデーが、取り沙汰されている。

Ⅹデーが何を意味するか、またどうなるか?誰にも分からないが、我々には覚悟が必要だ。

日本政府は、北朝鮮Ⅹデーに備えて欲しい。

それは、日本政府においては、密かに準備を進めていると思うが、その際、(拉致被害者の救出も含めて)日本国民の生命を守ることが<最優先>でなければならない。

有事の際には、「憲法」解釈の議論は後回しにしても、日本国民の生命を守ることが最優先である。

その事だけを、今、申し上げたい。

=====================

|

« 反教育勅語キャンペーンは、現代版「焚書坑儒」事件 | トップページ | 長島議員、民進党離党の意義とは? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65131855

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮Ⅹデーに備えて:

« 反教育勅語キャンペーンは、現代版「焚書坑儒」事件 | トップページ | 長島議員、民進党離党の意義とは? »