« 「築地or豊洲」~決断しない小池知事には少々失望です! | トップページ | 最強の日米同盟を目指せ! »

2017年4月30日 (日)

「自らの無謬性」に固執するマスコミの主張

『関口宏のサンデイープロジェクト』(TBS)という番組は、徹底した偏向番組だ。

姜・青木理などがゲスト出演で、コメンテーター全員が、指揮者・関口宏の指示で、原稿を読むように、低音で囁いていた。

マインドコントロールは、低音で繰り返すのが有効で、最終章は「風を読む」コーナーである。

話題の一つで、「日本は、報道の自由度が低い」という事で、マスコミが「萎縮する」と言って政府与党を批判していた。

勝手に「萎縮するなよ!」と言いたい。

これは、いつもの事だから驚かないが、番組中思わず「ホンネ」が出た部分があった。

「森友学園」問題で、安倍総理を追及できない野党とマスコミがいる。

そんな、自らのジレンマからか、「朴槿恵を辞任に追い込んだ」韓国のマスコミを礼賛していたのだ。

韓国は、(日本と異なり)「法治」主義ではなく、「人治」主義である。

特に、反日感情では盛り上がる国柄であるが、その様な韓国に、コメンテーターたちは憧憬を抱いているようだ。

だから、「安倍総理夫人を召喚せよ」という乱暴な言葉を飛び出している。

コメンテータ~の頭の中には、「自らの無謬性」に固執する傾向がある。

従って、政府与党が「一行でも不適切な発言をすれば、徹底して批判する」が、自らの「過ち」については、スルーする。

最近は、「マスコミの無謬性」を信じている国民は少ないが、この『サンデイープロジェクト』(TBS)は、依然として「自らの無謬性」に固執しているようだ。

==================

|

« 「築地or豊洲」~決断しない小池知事には少々失望です! | トップページ | 最強の日米同盟を目指せ! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65216019

この記事へのトラックバック一覧です: 「自らの無謬性」に固執するマスコミの主張:

« 「築地or豊洲」~決断しない小池知事には少々失望です! | トップページ | 最強の日米同盟を目指せ! »