« 忖度(そんたく)は、あっただろう・・・それが何か、問題ですか? | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫飲酒(陶淵明) »

2017年4月 2日 (日)

北朝鮮の脅威を、直視すべきだ!(備えあれば、憂いなし)

『時事放談』(TBS)は、民進党の玉木議員と片山元鳥取県知事が出演していて、殆どの時間、「森友問題」を話題にしていた。

内容は、新しいものはなく・・・「安倍総理の不正関与疑惑」「安倍夫人が証人喚問に応じなければ、フェア(?)ではない」と言った聞き飽きた内容だった。

安倍総理を意図的に追及し、「失言」を誘いたいのだろうが、両氏の話を聴いていると、「追及ネタ」切れと思える。

最後に、玉木・片山両氏は、「このまま幕引きという事は許されない」と強がっていた。

だが、「不正疑惑」の捜査解明は、プロである検察特捜部に任せるべきだ。

国会議員は、国政上の重要問題について議論してもらいたいものだ。

『新報道2001』(フジ)は、北朝鮮の『現実的脅威』について、真面目な議論がなされていた。

「敵基地攻撃能力」を向上させるべきという、自民党内の真っ当な議論に対して、民進党の蓮舫・安住議員などが、反対している。

これは、我が国に向けた「2発目のミサイル発射」を防ぐため、ピン・ポイントで敵基地を攻撃する事で、「個別自衛権」の問題である。

にも拘らず、民進党が何故反対するのか、疑問である。

出演者の前原氏は、その点を訊かれて意味不明の事を、ムニャムニャ・・・と喋っていた。

北朝鮮の脅威とは、小型核のミサイル搭載、北朝鮮が在日米軍基地をミサイル攻撃することを公言し、その能力を高めている事である。

北朝鮮の脅威を、直視すべきだ!

備えあれば憂いなし・・・。

=====================

|

« 忖度(そんたく)は、あっただろう・・・それが何か、問題ですか? | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫飲酒(陶淵明) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65097826

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の脅威を、直視すべきだ!(備えあれば、憂いなし):

« 忖度(そんたく)は、あっただろう・・・それが何か、問題ですか? | トップページ | ≪漢詩鑑賞≫飲酒(陶淵明) »