« 北朝鮮Ⅹデーに備えて | トップページ | 最優先は、日本国民の安全、拉致被害者の救出である! »

2017年4月11日 (火)

長島議員、民進党離党の意義とは?

長島昭久議員が民進党を離党した事の政治的意義は大きい。

迷走する蓮舫民進党では、当然だろう・・・。

「保守政治家として」「共産党と(選挙)共闘する事は、超えてはならないラインだ」

・・・実に明快な、離党理由である。

「共産党と共闘するか?それとも、共産党とは一線を画すか?」は、隠すべき事ではない。

国民政党にとって、「国籍」問題と合わせて、それは重要な事である。

しかし、近年の「民進党(及び民主党)」は、『綱領』も無い、党理念も曖昧、目先の選挙共闘を優先という選挙互助会に成り下がっている。

「民進党(及び民主党)」は、野党共闘を標榜してきたが、「反自民」はあるものの、「反共」は消え失せている。

この元祖は、旧民主党幹事長だった小沢一郎に遡る。

小泉総理時代だったと記憶しているが、沖縄知事選で、共産党系の候補者を推して選挙を戦ったことがあった。

「容共」は、決して保守ではない。

自民党にも、大きく分けて「容共」と「反共」の潮流があったが、小沢一郎は「容共」の潮流を引き継いだ。

「容共」派は、保守派ではなく、「利権派」「選挙至上派」と呼ぶ。

それが元総理の鳩山由紀夫・菅直人、現在の党首・蓮舫など、「容共」派に受け継がれている。

今からでも遅くはない、民進党の保守派は矜持を示すべきである。

前原誠司さんのように、言うだけ番長(共産党はシロアリ発言)ではダメだ。

今後、松原仁先生、渡辺周先生らの動向を注目したい。

========================

|

« 北朝鮮Ⅹデーに備えて | トップページ | 最優先は、日本国民の安全、拉致被害者の救出である! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65135639

この記事へのトラックバック一覧です: 長島議員、民進党離党の意義とは?:

« 北朝鮮Ⅹデーに備えて | トップページ | 最優先は、日本国民の安全、拉致被害者の救出である! »