« メデイアのニュース報道を、チェック・格付けする機関が必要だ!(続) | トップページ | 「法廷ドラマ」より面白い国会劇場~ついついTVを観てしまう »

2017年3月23日 (木)

籠池証人の被害妄想・逆恨みに振り回されているネエ

今日は、TV国会中継に釘付けになった。

衆参予算委員会で、森友学園の籠池理事長の証人喚問で、各局がライブ中継を行い、ずっと観ていた。

安倍総理夫人から「100万円もらった」という籠池証言が大きく取り沙汰されていたが、これが事の本質ではない。

何故なら、仮に「100万円もらった」というのが事実だとしても、これは違法行為でもないし、政治家の「圧力」とは無関係である。

当初から、野党・メデイアは、『教育勅語』を採用した教育方針・理念に対する批判と、(同じ理念を持つ)保守派政治家の学校認可への関与をゴチャ混ぜにしている。

しかし、学校認可の基準は、法律に定めている通りある。

ポイントは、教育理念ではなく、学校を設立させるだけの資金はあるか?ということであり、それ以上でもそれ以下でもない。

籠池氏は、「ハシゴを外された」として、松井大阪府知事に恨みを表明している。

だが、それは逆恨みという事だ。

松井知事は、設置基準に沿って、「不認可」を最終的に決定したものでしかない。

これは、教育方針・理念として『教育勅語』の重要性を認める私でも、法基準に遵うべきことは当たり前であり、行政当局としては、当然の決定である。

今日、籠池氏の答弁を聴いていて、籠池氏の独特の人物像が浮かび上がった。

この籠池氏は、自分の「愛国心」にかなり陶酔していると事があり、周囲も皆、「自分と同じ考えだ」と錯覚している処がある。

安倍総理の「かなりシツコイ人」という表現は、そのような氏の独善性が浮かび上がる。

それ故、それが上手くいかない場合は、被害妄想となり、逆恨みとなる。

名前を出された人はいい迷惑な話である。

民進党蓮舫代表が、早速「総理夫人の証人喚問」を要求している。

明日も参考人質疑があるが、野党もメデイアも、籠池氏の被害妄想・逆恨みに振り回されている様相だ。

|

« メデイアのニュース報道を、チェック・格付けする機関が必要だ!(続) | トップページ | 「法廷ドラマ」より面白い国会劇場~ついついTVを観てしまう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65056765

この記事へのトラックバック一覧です: 籠池証人の被害妄想・逆恨みに振り回されているネエ:

« メデイアのニュース報道を、チェック・格付けする機関が必要だ!(続) | トップページ | 「法廷ドラマ」より面白い国会劇場~ついついTVを観てしまう »