« 『教育勅語』をどう読むべきか? | トップページ | 火の無い処にも煙を立たす式の野党質問、それを飛散させるメデイア »

2017年3月12日 (日)

『教育勅語』をどう読むべきか?(続)

先ずは言いたいことは、この議論(教育勅語に対する賛否)をする前に、『教育勅語』を読んでいただきたい。

『教育勅語』を一度も読まずして、賛成も反対もない。

それは・・・不毛な議論である。

難解だというならば、口語訳も出版されているので、それを読むとよい。

普通の(日本語に対する)理解力があれば、理解できる内容である。

だが、メデイアでは、『教育勅語』を全否定する議論が多く、一部でも肯定する議論は、殆ど紹介されない。

今も、TBS番組で、デーブ・スペクターが「時代遅れ」などと発言している。

問答無用の議論である。

先日、寺脇某元文部官僚が、TV出演して喋っていた。

『教育勅語』は、戦前の軍国主義教育を否定し、平和憲法の下、教育基本法が制定されて、『教育勅語』は学校教育(道徳教育)で「廃止となった」と、述べていた。

『教育勅語』が軍国主義であるというのは、一度でも読めばわかる事だが、間違いである。

国防の精神と、軍国主義は異なる。

昭和20年8月、我が国は敗戦となり数年間は占領下で、日本古来の文化伝統、例えば・・・神社・家族関係・剣道などが否定された。

その一つが、『教育勅語』であった。

だが、寺脇氏をはじめとする否定派の議論は、概ね次の通り。

①法律上「廃止になった」から、『教育勅語』、は禁止となった。

②『勅語』(天皇のお言葉)は、(国民主権を理念とする)現憲法に違反する。

③「愛国心」が、「軍国主義」を助長させた。

という内容である。

だが、それは『教育勅語』の中味(日本人の道徳観~12の徳目)に関する事ではない。要するに、『教育勅語』を読んではならない文書(?)として封印するのと等しい。

的外れな、暴論である。

今の憲法は、基本的人権、国民主権、平和主義と理念としていて、私はそれは賛成だ。

だが、古いものが全て、「時代遅れ」ではない。

歴史を謙虚に俯瞰べきである。

温故知新というように、ここに、『古典』を学ぶ意味がある。

『教育勅語』もまた、『論語』と同じく『古典』と言える。

そうであるならば、『教育勅語』を、学校教育で<教材>として採用すべきである。

特に高校教育において、『古典教材』、『歴史史料』として学ぶべきである。

兎も角、内容を読んでから議論すべきではないか!!

===================

|

« 『教育勅語』をどう読むべきか? | トップページ | 火の無い処にも煙を立たす式の野党質問、それを飛散させるメデイア »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65004693

この記事へのトラックバック一覧です: 『教育勅語』をどう読むべきか?(続):

« 『教育勅語』をどう読むべきか? | トップページ | 火の無い処にも煙を立たす式の野党質問、それを飛散させるメデイア »