« 「100万円」は、籠池氏の虚言に過ぎない! | トップページ | 忖度(そんたく)は、あっただろう・・・それが何か、問題ですか? »

2017年3月27日 (月)

≪漢詩鑑賞≫『曲江』(杜甫)人生七十古来稀なり

この詩は、杜甫49歳の作品である。

「どうせ70歳(古稀)まで生きられないのだから、酒でも飲もう」

・・・と、杜甫が心を癒やすように詠った。

但し、杜甫自身は古稀を迎えられず59歳で生涯を終えている。

小生は、今年70歳(古稀)を迎えている。

・・・随分長く人生を送ってしまった。

☆……☆……☆……☆……☆……☆

曲江

朝囘日日典春衣  朝より回(かえ)りて日日春衣を典(てん)

毎日江頭盡酔帰  毎日江頭に酔を尽して帰る

酒債尋常行處有  酒債(しゅさい)は尋常行く処に有り

人生七十古来稀  人生七十古来稀なり

穿花蛺蝶深深見  花を穿つの蛺蝶(きょうちょう)深深として見え

點水蜻蜓款款飛  水に点ずるの蜻蜓(せいてい)款款として飛ぶ

傳語風光共流轉  伝語(でんご)す風光共に流転して

暫時相賞莫相違  暫時(さんじ)相賞して相違うこと莫れと

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝囘  朝廷より下がる

典  質入れする

江頭  曲江のほとり

酒債  酒代の借金

尋常  平常、普段

穿花  花の間に入り込む

蛺蝶  あげはちょう

點水  水に尾をつける

蜻蜓  とんぼ

款款  ゆるやかな

====================

|

« 「100万円」は、籠池氏の虚言に過ぎない! | トップページ | 忖度(そんたく)は、あっただろう・・・それが何か、問題ですか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/65071730

この記事へのトラックバック一覧です: ≪漢詩鑑賞≫『曲江』(杜甫)人生七十古来稀なり:

« 「100万円」は、籠池氏の虚言に過ぎない! | トップページ | 忖度(そんたく)は、あっただろう・・・それが何か、問題ですか? »