« ≪漢詩鑑賞≫黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る | トップページ | 豊洲移転問題~安全(客観性)と安心(主観性)とは異次元の尺度 »

2017年3月 3日 (金)

頑張れ!安倍総理大臣

森友学園という私学が、連日、問題にされている。

この問題の核心は何か?国有地払下げの過程で、不正(政治家の介入)はあったのか?なかったのか?という事である。

教育勅語を取り入れていることが問題ではない。

だが、一部メデイア(テレビ朝日だったか?)は、「戦前の軍国主義への懐古」として批判していた。

私は、逆に、教育勅語を学習教材に取り入れている事は、「日本人としての正しい道徳心(=教育勅語)を教える上で素晴らしい事だと思う。

だが、教育勅語が問題の核心ではない。

野党は、下品であり、卑劣である。

安倍総理と明惠夫人への個人攻撃(犯罪者という印象操作)を続けている。

総理に対して、不正が無い事を証明しろと、「悪魔の証明」を迫っていて、「日本人なのか?」とさえ思う。

山本太郎議員は、「アッキード事件」と下品に揶揄したが、これは限度を超えた暴論である。

明恵夫人は、森友学園の児童たちの「安倍総理!頑張って」という声に、涙を流したが、このことを、野党やマスコミは、「森友学園とズブズブの関係」と、悪意をもって伝えていた。

だが、「子供たちが、夫に、頑張れ!とエールを送る姿」に、妻として感動して涙を流したという事である。

多くの国民が「頑張れ!安倍総理!」と思う中、総理夫人が、「子供のエール」に感動したのは、人間としてごく自然なことである。

このどこが、「森友学園とズブズブ」なのか?

野党と一部マスコミは、日本人としての正しい道徳心が失われている。

===============

|

« ≪漢詩鑑賞≫黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る | トップページ | 豊洲移転問題~安全(客観性)と安心(主観性)とは異次元の尺度 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/64964354

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れ!安倍総理大臣:

« ≪漢詩鑑賞≫黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る | トップページ | 豊洲移転問題~安全(客観性)と安心(主観性)とは異次元の尺度 »