« 自由な言論こそが民主主義の根幹 | トップページ | 頑張れ!稲田朋美防衛相 »

2017年2月14日 (火)

日米蜜月を嫉むのは、中国、マスコミ、民進党、共産党

安倍総理、日米首脳会談、ご苦労様です。

世界中が注目する大きな出来事でした。

民進党の山井国対委員長が、安倍総理がトランプ大統領と「ゴルフに興じていると、戦争に巻き込まれる」と批判していた。

「ゴルフをやると、何故戦争になるか?」の説明はない。

如何にも、「バカ女」の蓮舫と並ぶ「バカ男」である。

安倍総理の戦略的外交に対しては、(どんなに安倍総理が嫌いでも)普通に考えるならば称賛すべきものだろう。

だが、民進党、共産党は、‟批判のための批判という論評”ばかりが目立ち、嫉みの感情が出過ぎている。

野田幹事長には、すこしガッカリした。

中国共産党政権は、当然ながら「尖閣は固有の領土」として米国大統領の「安保適用範囲」という表明を批判していた。

「安保適用範囲」という表明は、日本の最大の脅威である中国に対する抑止力になったので歓迎すべき事。

日米蜜月は、良い事である。その為には、ゴルをやっても何ら問題はない。

昨夜、安倍総理はNHKの番組に出演し、「外交交渉の根幹は国益」であることを明確に、語っていた。

記者の質問に、丁寧に答えていた。

安倍総理は、蓮舫の評価とは真逆で、「誇るべき日本の総理大臣」であると、私は思う。

|

« 自由な言論こそが民主主義の根幹 | トップページ | 頑張れ!稲田朋美防衛相 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/64891520

この記事へのトラックバック一覧です: 日米蜜月を嫉むのは、中国、マスコミ、民進党、共産党:

« 自由な言論こそが民主主義の根幹 | トップページ | 頑張れ!稲田朋美防衛相 »