« 日米蜜月を嫉むのは、中国、マスコミ、民進党、共産党 | トップページ | 反日に特化している蓮舫民進党 »

2017年2月15日 (水)

頑張れ!稲田朋美防衛相

国会中継で・・・、特に閣僚と野党議員との質疑を観ていて、「フェアではない」と想う。

それは、閣僚の答弁には、僅かな間違いも許されなく、その度に議事が中断する。

だが、野党の質問に多くの間違いがあっても、問題にされない。

その為、前提となる事実誤認が多く、議論が噛み合わない事が多い。

それも、その筈である。

野党議員には、議論しようとする意識はなく、兎も角、安倍内閣打倒!のためのプロパガンダしか念頭にはない者が多い。

その典型は、辻元議員である。

稲田防衛大臣との質疑を観ていて、メデイアは「稲田大臣を追い詰める辻元」と、揶揄していた。

稲田大臣が答弁に窮する場面もあったが、それは詳細な枝葉末節の類の事柄であり、防衛省の官僚組織に問題がある。

私が観る限り、メチャクチャを言っているのは辻元議員である。

そもそも、辻元議員には、「自衛隊員が可哀想」などと嘯いているが、「日本防衛の信念」が皆無であるから、その言葉は、心に響かない。

野党の「閣僚個人攻撃」は、「蟻の一穴」を探しているのだろう。

だが、冒頭述べたように、多くの質疑は、(議会ルール上、止むを得ないが)フェアな議論ではない。

防衛大臣というのは、(憲法との関係で・・・)最も、答弁が難しい閣僚ポストである。

だが、その中で、稲田大臣は良く頑張っていると思う。

=======================

|

« 日米蜜月を嫉むのは、中国、マスコミ、民進党、共産党 | トップページ | 反日に特化している蓮舫民進党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/64895957

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れ!稲田朋美防衛相:

« 日米蜜月を嫉むのは、中国、マスコミ、民進党、共産党 | トップページ | 反日に特化している蓮舫民進党 »