« ≪漢詩鑑賞≫園田の居に帰る(陶淵明) | トップページ | 日米蜜月を嫉むのは、中国、マスコミ、民進党、共産党 »

2017年2月 9日 (木)

自由な言論こそが民主主義の根幹

トランプ大統領が、イスラム圏からの入国を「一時的」に制限した。

主な理由は、テロリストの入国に対して、無防備な入管事務に対する警鐘であり、「一時的」に立ち止まって検証しようとするものである。

この大統領令に対して、アメリカの連邦裁判所が、制限解除の「仮処分」を決定した。その理由は、アメリカ合衆国の成り立ちと、憲法に違反していないか?という疑問である。

トランプは、これに対して「これは。法律(憲法違反?)の問題ではなく、常識(テロからアメリカ国民を守る?)の問題であると述べていて、最高裁まで戦うとしている。

メデイアの多くは、この大統領令に対して「独裁的」と批判しているが、私自身はそうは思わない。

むしろ、アメリカにおいては、大統領府と裁判所が対立しているのは、三権分立が正常に機能している証左であって、「独裁的」というのは、間違いである。

大統領は、大きな権力を持っているが、決して全能でもないし間違いを犯すことがある。但し、間違いに対しては、言論によって指摘すれば良い。自由な言論こそが民主主義の根幹である。

娘のイバンカさんのブランド服製品に対して、「不買運動」を起こしたり、デパートから撤去するのは、「言論の自由」とは違うのではないかと思う。

最近のメデイアは、(日本のメデイアも含めて)偏った論調が多く、言論の自由(特に権力者の主義主張)を、「封殺」する傾向にあるように感じている。

自由な言論こそが民主主義の根幹である。

====================

|

« ≪漢詩鑑賞≫園田の居に帰る(陶淵明) | トップページ | 日米蜜月を嫉むのは、中国、マスコミ、民進党、共産党 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/64870382

この記事へのトラックバック一覧です: 自由な言論こそが民主主義の根幹:

« ≪漢詩鑑賞≫園田の居に帰る(陶淵明) | トップページ | 日米蜜月を嫉むのは、中国、マスコミ、民進党、共産党 »