« マスコミは政治勢力の一つ | トップページ | 李氏朝鮮時代から、何も変わっていない韓国のドロドロ政変劇 »

2017年1月14日 (土)

嘘とに詭弁の韓国式交渉術を拒否する!

ニュースでは、釜山領事館前の「慰安婦像」設置と、日韓の対応を報道している。

この報道で、良くないのは、「日韓共に感情に流されず、冷静に!」というコメントである。

「感情に流されている」のは、韓国側の方であり、日本は「冷静に抗議している」だけである。

日韓合意という「約束」を守らないのは韓国の方である。

だから、日本国民の多くは、「韓国にはもうウンザリ」「韓国とは関わりたくない」と思っている。

それが、日本人の気持ちである。

「日韓合意」の意義は、「最終的かつ不可逆的解決」の文字を挿入することで、慰安婦問題に終止符が打たれたことである。

この段階でも、「「韓国側の合意履行」を、反日コメンテーターを除く日本人の多くは、「韓国側の(合意)履行」を信じていなかった。

案の定、朴槿恵大統領弾劾の嵐の後に来たのは、韓国人の反日の嵐である。

昨今の韓国「反日運動」を観て、それは、想定内の事だった。

日韓の現代史という事実と、韓国人のメンタリテイーを知れば知る程、昨今の韓国事情は容易に想定できた。

それは、多くの日本人の実感ではないだろうか?

もはや、「相互理解」とか、「親善融和」とかいうレベルではない。

韓国(北朝鮮も同じだが)と、交渉する時、相手を信用しない事が大切で、その上で、「行動対行動」の原則を守ることが重要である。

即ち、嘘と詭弁の韓国式(北朝鮮式)交渉術を拒否すべきである。

================

|

« マスコミは政治勢力の一つ | トップページ | 李氏朝鮮時代から、何も変わっていない韓国のドロドロ政変劇 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/64761089

この記事へのトラックバック一覧です: 嘘とに詭弁の韓国式交渉術を拒否する!:

« マスコミは政治勢力の一つ | トップページ | 李氏朝鮮時代から、何も変わっていない韓国のドロドロ政変劇 »