« 歴史に残る名演説~安倍総理in真珠湾 | トップページ | 天皇陛下のお言葉と箱根大学駅伝 »

2016年12月31日 (土)

≪漢詩鑑賞≫除夜の作(高適)

今年も、いよいよ大晦日を迎える。

家族と共に、新年を迎える事に感謝している。

大晦日の夜に相応しい漢詩である。

作者の高適(こうせき)の盛唐の詩人。

若い時は、気ままで正業に就かず、任侠をこととしてしていたが、「年五十にして始めて詩をつくる」ことを学び名声を揚げたという。

『除夜の作』は、旅先で大晦日を迎え、眠れぬままに旅愁を歌った作品である。

夜が明けると、白髪の老いの身に、また一つ年をとるのだ。

☆……☆……☆……☆……☆……☆……☆

除夜作  高適 (七言絶句)

旅館寒燈獨不眠  旅館の寒灯独り眠らず

客心何事轉凄然  客心(かくしん)何事ぞ転(うた)た凄然(せいぜん)たる

故郷今夜思千里  故郷今夜千里を思う

霜鬢明朝又一年  霜鬢(そうびん)明朝又一年

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・客心  旅人の心。思い。

・轉  いよいよ。ますます。

・凄然  ものさびしいこと。

・霜鬢  白髪。

|

« 歴史に残る名演説~安倍総理in真珠湾 | トップページ | 天皇陛下のお言葉と箱根大学駅伝 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/564386/64699151

この記事へのトラックバック一覧です: ≪漢詩鑑賞≫除夜の作(高適):

« 歴史に残る名演説~安倍総理in真珠湾 | トップページ | 天皇陛下のお言葉と箱根大学駅伝 »